おススメ記事
広告

韓国個人投資家「62兆買い越し」が一転!「4.4兆売り越し」に

広告

2020年11月27日、「韓国取引所」(KRX)から面白いデータが出ました。個人投資家が11月は累計「4兆4,710億ウォン売り越している」というのです。

まず、以下のKOSPI(韓国総合株価指数)の「月足」チャートをご覧ください(チャートは『Investing.com』より引用)。「月足」ではローソク足1本が1カ月間の値動きを示します。

2020年、コロナ禍が深刻度を増すに従って株価は急落し、3月には「1,400台」に達しました。ここが底で急上昇し、株価がコロナ前まで戻しました。

また、09月、10月と上げ渋り、株価上昇もここまでかと思われたのですが、ご覧のとおり11月に急騰、長い陽線を作っています。

しかし、個人投資家はこの11月にここまで4兆4,710億ウォンの売り越しなのです。

韓国の個人投資家の買い越し額は「62兆」に達する!

2020年、個人投資家は一貫して買い越しで韓国株式市場を支えてきました。以下がその履歴です。

01月6兆2,725億ウォン買い越し
02月6兆387億ウォン買い越し
03月11兆4,900億ウォン買い越し
04月5兆5,312億ウォン買い越し
05月5兆606億ウォン買い越し
06月5兆2,952億ウォン買い越し
07月3兆8,742億ウォン買い越し
08月7兆6,898億ウォン買い越し
09月7兆6,287億ウォン買い越し
10月3兆2,159億ウォン買い越し
小計62兆968億ウォン買い越し

2020年01-10月の累計でなんと「62兆968億ウォン」の買い越しになります。ところが、11月に一転「約4.5兆ウォンの売り越し」です。

これは個人投資家が利確利益確定)に走った結果だと思われます。また、12月も個人投資家の売買動向は売り越しになると見込まれています。しっかり利益を確定して新年を迎えたい――と考えるだろうからです。

対して外国人投資家は売り一辺倒だったのが買い越しに転じているのですが。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました