おススメ記事
広告

韓国が「半導体」1点掛けになりそうな話。2021年は千億ドル超というが……

広告

韓国にとっていいのか悪いのか、という話です。

韓国の産業通商資源部と半導体産業協会が「2020年の半導体市場動向と2021年の動向」という資料を公開したのですが、

2020年の半導体輸出:992億ドル5.6%増加
約10兆3,455億円

となっています。これを受けて、

2021年の半導体輸出:1,075億~1,110億ドル
約11兆2,111~5,761億円

と予測しています。ちなみにこれまでの半導体の最大の輸出金額は2018年の「1,267億ドル」(約13兆2,134億円)でした。

『韓国銀行』の公表している国際収支統計によれば、2020年01-11月の輸出金額の合計は「約4,697億ドル」。通年を仮に「5,200億ドル」とすると半導体の輸出「992億ドル」は「約19.0%」です。これが「1,110億ドル」に膨らむ予定ですから、半導体の輸出に占める割合はさらに大きくなります。

韓国では、10大輸出品目15大輸出品目といった言い方がされますが、「半導体とその他大勢」になりつつあるのです。

「すべての卵を同じカゴに盛るな」とは非常に有名な投資の格言ですが、コロナ禍によって韓国は半導体1点がけ傾向がさらに強まりました。「半導体がこけたらおしまい」がより顕著になっています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました