おススメ記事
広告

韓国『産業銀行』が『双竜自動車』に説教!「これは最後のチャンスだぞ」

広告

韓国双竜自動車』のタイムリミットが近付いています。ソウル回生裁判所が手続きを開始するまでに与えられた期限は2021年02月28日。そこまでに新しい株主を見つけて、回生手続き申請を取り下げないといけません。

韓国メディア『ソウル経済』に、債権団の主力である国策銀行産業銀行』が『双竜自動車』に労使に対して「これは最後のチャンス」と諭した(恐らく意味的には説教)という記事が出ました。大変に面白い内容ですのでご紹介します。

『産業銀行』の 李東杰(イ・ドンゴル)会長が『双竜自動車』の労使に対して、新たに資金を提供する条件として以下を提示しました。

・毎年行なっている賃金交渉を3年に一度にする
・会社が黒字になるまでストライキは禁止

『ソウル経済』によれば、さっそく『双竜自動車』の労働組合は「このような提案に『労組嫌悪』と反対」しているとのこと。記事の一部を以下に引用します。

李東杰『産業銀行』会長は12日、オンラインで行われた新年記者懇談会で双竜車の「今回が最後のチャンス」とし「今回の機会を逃すと『双竜自動車』は再生することができず、誰もサポートしないことを労使は心に留めてくれることを望む」と述べた。

(中略)

韓国GM』のような事態が繰り返されないよう、『双竜自動車』には最初から覚書を交わすということである。

李会長は「構造調整に入った企業で、正常化される前、黒字を出す前に毎年労使交渉とストが行なわれ、生産に支障を生じる自傷行為のようなケースを多く見てきた
(後略)

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「[발칙한 금융] ‘흑자 전 파업 NO’ 이동걸 제안, 쌍용차 받아들일까」

李会長の述べていることは至極もっともです。しかし、労働組合がこの条件を飲んだとして、韓国内の債権団が新たに資金を提供したとしても、『マヒンドラ&マヒンドラ』が『産業銀行』の提案を了承しなければおしまいです。

にご紹介したとおり、『マヒンドラ&マヒンドラ』は『産業銀行』が提示している虫のいい話を一蹴していますので。

韓国債権団の厚顔無恥な要求!『双竜自動車』から足抜けしたいマヒンドラと対立
事実上破綻した韓国『双竜自動車』についてです。ソウル回生裁判所が手続きに入るまで2カ月を切りました。 韓国内債権団の主力である国策銀行『産業銀行』が、75%の株式を保有するオーナー企業インドの『マヒンドラ&マヒンドラ』と対立しているこ...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました