おススメ記事
広告

【韓国の外貨準備】米国債を37億ドル増。謎の証券類2.7千億ドルに

広告

2021年01月19日、ドタバタになっているアメリカ合衆国財務省から「合衆国公債の主要保有国とその金額」のデータが出ました。

以下です。

これによると、韓国は2020年11月末に「1,228億ドル」で前月末から「37億ドル」増やしています。

これを『韓国銀行』が公表した2020年11月の韓国の外貨準備と付き合わせてみます。

上掲は『韓国銀行』の公表データです。

⇒Securities 3,946億ドル(約41兆2,475億円)
(証券類)
前月比:110億ドル増加

この月、Securities(証券類)は110億ドルも増加しています。うち37億ドルは合衆国公債ですが、残りの73億ドルは謎の証券類だったわけです。

韓国の外貨準備のSecurities(証券類)3,964億ドルのうち1,228億ドルが合衆国公債なわけですが、合衆国公債の割合は「31.1%」。2018年10月に「29.6%」と30%を割ったりしましたが、この割合はほとんど変化しません。

Securities(証券類)の3割は合衆国公債というルールがあるかのようです。

というわけで、2020年11月時点で韓国の外貨準備Securities(証券類)のうち「2,718億ドル」は正体不明の証券類です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました