おススメ記事

【画像あり】韓国海軍「韓国版軽空母」のプレスリリース出す! 100日航路遮断で韓国は崩壊

広告


↑プレスリリース添付写真。出典は全て記事末の『韓国海軍』公式サイト

識者からは「韓国には不要」と指摘されているにもかかわらず、韓国海軍(というよりも大統領府)は「韓国型軽空母」に固執しています。2021年度は1,000万ウォン約940万円)しか予算をつけなかったくせに、どうも軽空母建造は本気でできるものと考えているようです。

2021年02月04日、韓国海軍は突如として韓国版軽空母についてのプレスリリースを出しました。

これは「韓国版軽空母」の必要性を世論に訴えるためセミナーを開催しました――という内容です。

海軍は02月04日忠南大学で「国家安全保障の重要な戦略資産、軽空母の必要性」をテーマに「軽空母セミナー」を開催したのです。海軍関係者、大学教授などが参加し、さまざまに意見を述べているのですが、興味深い発言をピックアップしてご紹介します。

まず海軍さんの認識です。

ジョン・スンギュン企画管理参謀部長は「韓国は国家の生存と繁栄の礎石である原油、生産原材料、穀物などを海路を通じた海上輸送に完全に依存している」とし「韓国の命綱である海上交通路を1日ブロックされれば約3,100億ウォンの経済損失が発生し、15日遮断時製鉄産業‧製造‧建設業麻痺、食生活や公共交通機関の制限など、社会の混乱が生じれ、100日遮断時には、国の経済が崩壊する」と述べた。

さらに周辺国の事情を以下のように訴えています。

続いて「最近、周辺国は海洋権益の保護のために海軍力を膨張的に増大させており、域内の安全保障情勢の不安定と不確実性が大きくなり、海上交通路を含む海洋での国家利益を保護することができる対策作りが急がれる状況だ」と診断した。

この周辺国には日本も入っているでしょうし、そのために軽空母が必要だというのです。

以下は「捕らぬ狸の皮算用」をした韓国教授の発言です。

ギル・ビョンオク教授は「軽空母建造は国家安全保障の確立と経済成長、先進コア技術の開発の両方に貢献できる国防ニューディール」とし「アメリカ合衆国イギリスの空母建造の事例を見ると、国内開発を前提とすると造船業20兆ウォン航空宇宙産業2.7兆ウォンなど、産業界と推定経済的波及効果は今後約35.8兆ウォン」と見通した。

軽空母の建造は「国防ニューディール」だそうです。合衆国から技術提供を受けないと飛行甲板も作れないのに何を言ってるんだか、という話です。

そもそも海洋国家である合衆国・イギリス(そして日本)と韓国を比較するのが根本的に間違っているのですが、さらに同教授は以下のような妄想を披露しています。

同教授は「国防研究開発(R&D:Research&Development)の投資は、過去50年間の投資額41.2兆ウォンに比べ10倍以上の442兆ウォンの経済的波及効果を創出したと分析された」とし、「軽空母建造事業内需市場の活性化と輸出増進雇用創出につながって好循環を生む事業の生態環境づくりに大きな助けになるだろう」と予測した。

プレスリリースに併せて以下の「韓国版軽空母」の画像8点を公開しています(リサイズしていないので重いです)。

3DCGの角度を少しずつ変えた画像ですが、まさかこれで1,000万ウォンの予算を使ったなんて話でなければいいのですが……。

⇒参照・引用元:『韓国海軍』公式サイト

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました