おススメ記事
広告

韓国関税庁の輸入額のデータは7%ぶれる

広告

先の記事で、韓国関税庁の公表する「通関ベース」での輸入額は信用できない――と述べましたが、この件をより詳しくご紹介します。

貿易のもうけで成り立っている韓国にとっては輸出入の動向は非常に重要です。毎月10日ごとに韓国の関税庁は「通関ベース」での輸出入の金額を公表しています。

しかし、この数字が翌月公表される「国際収支統計」とまあ合わないのです。もちろん関税庁の方は「通関ベース」ですから合わなくても当然かもしれませんが、特に輸入について数字の乖離(かいり)が大きすぎます。結論からいえば輸入7%も合いません。

関税庁が公表した2020年通年の月別輸入額は以下です。

通関ベース輸入額
01月42,718
02月36,977
03月41,804
04月37,933
05月34,662
06月35,795
07月38,849
08月35,818
09月39,400
10月39,094
11月39,945
12月44,638
12カ月平均38,969

※単位は百万ドル

2020年は月平均は「389億6,900万ドル」です。「通関ベース」ではこうなっています。

翌月『韓国銀行』が公表する「国際収支統計」(英語版もあり国際的に公開するものです)の「輸入」と比較すると以下になります。

通関ベース輸入額(A)国際収支統計輸入額(B)(B)- (A)
01月42,71840,710-2,008
02月36,97734,348-2,629
03月41,80438,936-2,868
04月37,93334,818-3,116
05月34,66231,171-3,491
06月35,79533,289-2,506
07月38,84935,978-2,871
08月35,81832,720-3,098
09月39,40037,200-2,200
10月39,09436,429-2,665
11月39,94536,968-2,978
12月44,63842,093-2,545
12カ月平均38,96936,222-2,748

上掲のとおり、国際収支統計の方は月平均「362億2,200万ドル」で、2020年は常に「通関ベース」よりも低く、月平均「27億4,800万ドル」(7.1%)も少ないのです。

じゃあ「輸出」はどうなんだ?といわれるかもしれませんが、結論からいえば輸出の方はあまりぶれないのです。

通関ベース輸出額(A)国際収支統計輸出額(B)(B) – (A)
01月43,10342,780-324
02月40,91240,94533
03月46,16745,898-269
04月36,27035,522-748
05月34,85533,784-1,071
06月39,21439,473259
07月42,78542,990205
08月39,46939,804335
09月47,82049,3061,486
10月44,81946,5961,777
11月45,75246,9181,166
12月51,33252,5891,257
12カ月平均42,70843,050342

関税庁の公表する「通関ベース」の輸出額は月平均で「427億800万ドル」、国際収支統計の「輸出」は月平均「430億5,000万ドル」で国際収支統計の方が平均で「3億4,200万ドル」多いことになります。

しかし、これは「0.8%」に過ぎません。輸入の方は上記のように月平均「27億4,800万ドル」(7.1%)も違います。

というわけで、同じ「通関ベース」のはずなのに輸出と輸入でこれほどぶれ幅が違うのです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました