おススメ記事
広告

韓国『現代ロテム』「優れた品質の戦車」製造で5,330億

広告


↑PHOTO(C)『現代ロテム』

韓国陸軍の「K2戦車」配備計画が進んでいます。『現代ロテム』はここまで、

2010年:第1次発注 ⇒ 2015年納品
2014年:第2次発注 ⇒ 2021年納品予定

を担当してきました。本年中には第2次発注分を全数納品予定です。

2020年12月に第3次量産のための発注を受け、これは2023年までに納品予定。契約金額は約5,330億ウォン(約522億円)です。

以下に『現代ロテム』のニュースから一部を引用します。

(前略)
『現代ロテム』は、

「今回の契約に続き、今後K2戦車追加量産するかどうかが確定される時の受注拡大が可能になると期待される」とし

「K2戦車の第1次、第2次量産事業を行い、積んだノウハウを活用して、優れた品質の戦車をタイムリーに納品して軍戦力増強に資するできるように最善を尽くしたい」と述べた。
(後略)

⇒参照・引用元:『現代ロテム』公式サイト「現代ロテム『黒豹』K2電車3次量産事業受注」

韓国陸軍も、「優れた品質の戦車」であることを希望してやまないでしょう。

【韓国ポンコツ戦車】変速機で失敗した韓国企業「870億損した」とうそぶく(笑)
2020年07月27日、韓国企業『S&T重工業』は、 「自社で製作した『韓国産』の変速機をK2戦車に装備しても問題はない」 と声明を出しました。 韓国ウォッチャーなら「えっ!」と驚かれるでしょう。一般の方はご存じな...
韓国戦車パワーパックのコア部分はドイツから輸入。これで国産化?
韓国軍はこんなのばっかり、という話がまた一つ。韓国が自国の戦車「K2」に搭載するパワーパック(エンジン+変速機の動力装置)の変速機を国産化しようと悪戦苦闘している話は先にご紹介しましたが、その続きです。 変速機がどうしてもうまく造れな...
韓国戦車「10両に2両」は照準器が壊れてる!しかも修理できない
最初に小ネタであることをお断りして始めさせていただきます。誠に申し訳ありません。 韓国メディア『毎日経済』によれば、韓国陸軍の主力戦車『K1E1』の「10両に2両」は砲手照準器が動作しない、とのこと。 ↑『K1E1』。『HY...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました