おススメ記事
広告

韓国『石炭公社』の泥沼。「1,147億の赤字」モンゴルにお金突っ込んで大失敗

広告

韓国公社にまつわる世にもあほらしい話です。一席お付き合いのほどをお願い申し上げます。

『韓国石炭公社』という公企業があります。

当期純利益
2019年:-1,221億ウォン(約-120億円)
2020年:-1,147億ウォン(約-112億円)

上掲のとおり、決算は赤字です。なにをしているのかという話なのですが、『韓国鉱物資源公社』と同様に韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領時代(2008~2013年)の資源外交でやらかした後遺症が現在まで続いているのです。

例えば、2010年にモンゴルにある炭鉱の権利を取得したケースではこんな具合。

『韓国モンゴルエネルギー開発』を設立して(『韓国石炭公社』が62.9%を保有)炭坑の開発に乗り出しました。当初の目論見では、

可採埋蔵量:7,600万トン
営業利益:22.9%/年
投下資金回収に5年

だったのですが、これが大外れ。「山師」なんて言葉がありますが、当たりの鉱山を引くのは至難の業なのです。

生産性は上がらないは石炭需要も上昇しないは……の二重苦で、現在に至るも、

累積投資額:259億ウォン(約25億円)
回収額:0

なのです。「0」という数字に驚かれるかもしれませんが、何度かご紹介したとおり、韓国の鉱山開発というのはこんな話ばかりです。

2013年には『韓国モンゴルエネルギー開発』は債務超過に陥り、そのまま事態が進んだものですから、債務超過が326億ウォン(約32億円)まで膨らみました(2018年時点)。

で、こともあろうに、『韓国石炭公社』は『韓国モンゴルエネルギー開発』の開発が進むように残りの株式を取得(現在の株主から株式を買収する)するべく、産業通商資源部に「追加投資」を打診したというのです。

当然ながら、産業通商資源部は「収益がまったく上がっていないのに追加投資などまかりならん」と門前払い。

で、どうするんだこれ――という泥沼です。

そもそも文在寅大統領が「クリーンエネルギー政策」と称して、火力発電所も石炭からLNG(液化天然ガス)に切り替えよう、と旗を振っているというのに、ナニをやってるのだといった話です。株式を「62.9%」保有していながら、開発が進められないので経営権を掌握したいという話も謎ですが、もっと早くに損切りできなかったのかというのがさらに謎です。

誠に韓国の公企業にはろくな話がございません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました