おススメ記事
広告

空売り解禁で「外国人投資家が戻ってくる」という話。3.5兆も売り越しています

広告

2021年05月03日から韓国株式市場空売りが全面禁止から一部解禁となりました。この措置によって外国人投資家が戻ってくるのでは?という話が出ています。

例えば、ウン・ソンス金融委員長が「空売り再開で株式市場が正常化され、外国人投資家が戻ってくるといい」と発言したようです。

空売り一部解禁で売買の手法が正常化に向かったのは確かですが、外国人投資家が戻ってくるにしても、その戻り方がどのようなものなのかが問題です。

コロナ禍の2020年以降、外国人投資家は基本的に韓国売り(セルコリア)で韓国株式市場に参戦しています。

上掲は、2021年04月27日~05月03日のプレーヤー別売買動向ですが、外国人投資家は「1兆6,531億ウォン」(約1,620億円)の売り越しです。

時間を長く取って見ると以下のようになります。

直近1カ月(2021年04月03日~05月03日):1兆641億ウォン売り越し(1,043億円)
直近3カ月(2021年02月03日~05月03日):3兆4,810億ウォン売り越し(約3,411億円)

このように外国人投資家は「売り越し」、すなわち「韓国株式市場から資金を抜く」方向で動いてきたのです。

金融委員長の言う「外国人投資家が戻ってくる」が、「外国人投資家が韓国株式市場に資金を投じる」という意味なら、果たしてそううまくいくかどうかは疑問です。

お金じゃぶじゃぶ状態が継続されるか、リスクオン状況がどこまで続くのかにもよるのですが。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました