おススメ記事
広告

韓国「Kバッテリー」に40兆を投じ第2の半導体に!と宣言。また「企業はお金だせ」という話

広告

先に「K-半導体戦略」を宣言した韓国・文在寅大統領ですが、2021年07月08日、今度は「K-バッテリー戦略」を打ち出しました(下掲は青瓦台・大統領府のプレスリリース)。

⇒参照・引用元:『韓国 大統領府』公式サイト「青瓦台ニュース」

文大統領は『LGエネルギーソリューション』を訪問し、「尊敬する国民の皆さん、半導体に続き、バッテリーは大韓民国のもう一つの自慢です」で始まる演説を行いました(上掲のリンクで演説の動画を見られます)。

演説では「バッテリーを半導体、ワクチンと共に『国家戦略技術』に指定する」と宣言。以下のような内容を盛り込んでいます。

・グローバルバッテリー市場は2030年には3,500億ドルになる

韓国を2030年までに「名実共にバッテリー1等国家」にする

・『LGエネルギーソリューション』『サムスンSDI』『SKイノベーション』は中小企業と力を合わせて、2030年までに計40兆ウォン以上を投資する

・R&D投資の最大50%、施設投資の最大20%まで税額控除して税制支援を強化する

1兆5千億ウォン規模の「K-バッテリー優遇金融支援プログラム」を作る

バッテリーを「第2の半導体」に確実に成長させる

簡単にいえば、バッテリー市場が3,500億ドル(約38兆5,665億円)規模にまで膨らむので韓国企業がトップになるように頑張ろう、という話です。

「K-半導体戦略」と同じで、頑張るのは『LGエネルギーソリューション』はじめ韓国企業であって、韓国政府は投資に対して減税を行いますよという話です。

確かに税額控除は支援になりますが、投下資金を40兆ウォンと決めて演説しているのは大統領・政府であって、実際にこれが投じられるかどうかは分かりません。

また「1兆5千億ウォン」(約1,440億円)規模という「K-バッテリー優遇金融支援プログラム」の中身も不明です。

しかし、自動車やスマホなどこれまで韓国の輸出を支えてきた産業が弱り、半導体頼みになってきていますので、韓国政府は現在優位に戦えているバッテリーを大きく育てなければならないのです。

立ちはだかるのは中国企業です。

【半導体戦争】韓国「K-半導体戦略」を発表!「企業は510兆出せ」という人の財布を当て込んだ計画です
韓国はなんにでも「K」を付けたがる国ですが、(よせばいいのに)今度は「K-半導体戦略」です。 2021年05月13日、文在寅大統領は『サムスン電子』半導体向上を視察して「K-半導体戦略」なるものを発表しました。 「K-半導体...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました