おススメ記事
広告

韓国「先進国入り」に挑むつもり。「ローカルカレンシー」だけはどうようしようもない

広告

2021年07月30日、韓国取引所が興味深い公示を出しました。「韓国取引所公示資料英語翻訳役務」に関する入札公告です。

取引所の出す資料を英訳する人を募集するというのです。

以下はその公告のスクリーンショットです。

⇒参照・引用元:『韓国 取引所』公式サイト「韓国取引所公示資料英訳用役」

これは、「MSCI指数」に関したものと推測できます。

そもそもなんの話かというと……

例えばネット上で「韓国は先進国ではない。MSCI指数で先進国に区分されてから言うべき」といった言説があります。

株式の取引をされない方はご存じないでしょうが、『モルガン・スタンレー・キャピタル・マネジメント』(略称「MSCI」)が算出している「MSCI指数」というINDEXがあります。

「MSCI指数」の中に、

先進国市場(Developed Market)
新興国市場(Emerging Market)
フロンティア市場(Frontier Markets)

という分類がありますが、韓国は「新興国市場」に入ってるのです。

韓国はなぜか先進国に入っていることにこだわる国で、「MSCI指数」で先進国に分類されるようになりたいのです。

先進国になるには……「英訳」だ!

毎年「MSCI指数」は見直しが行われるのですが、先にご紹介したとおり、2021年も韓国は「新興国市場」にとどめ置かれました。

その主な理由というのが、

域外のウォン取引市場がないこと
英語による説明資料が不足していること
etc

だったのです(その他に空売り禁止措置を14カ月も続けたことなどがあります)。

つまり、今回の韓国取引所の公告は、「」をなんとかしようとしているのだと推測できるのです。

頑張ってくださいという他ないのですが、たとえはなんとかなったとしても「」はどうしようもありません。ローカルカレンシーであるウォンの取引ニーズは韓国外ではないので、こちらをクリアするのは望み薄なのです。

しかし、目標に向かって努力するのは大事です。韓国の挑戦の行方にご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました