おススメ記事
広告

韓国『双竜自動車』買収話が消滅の危機。買収候補『エジソン』から資金が抜けそう

広告

事実上破綻して法定管理下にある韓国『双竜自動車』の優先買収候補となった、電気バスメーカー『エジソン・モータース』。

これまでご紹介してきたとおり、今になって資金が足りないとドタバタしていますが、さらに悪いことが明らかになりました。

買収候補となったのは、『エジソン・モータース』を中心とするコンソーシアムですが、これには『キーストーン・プライベート・エクイティ』『KCGI』という投資ファンドが参加しています。

ところが、この『キーストーン・プライベート・エクイティ』が投資判断を撤回する動きをしていることが報じられました。

『中央日報』の記事から以下に引用します。

(前略)
昨年12月31日、『キーストーンPE』高位関係者は「最近(『エジソン・モーターズ』側に)『双竜自動車』の将来の競争力を蘇らせる中・長期経営戦略を提示しなければ(投資)できないと伝えた」と話した。

彼は「当初、『双竜自動車』のプラットフォームを基盤に電気自動車メーカーに転換し、競争力を持つという事業構想に同意してFI(Financial Investor:財務的投資家)となった」とし「だが、まだ投資を決定するほどの事業計画書を受け取っていない」とした。

この関係者は「(『双竜自動車』と『エジソン・モータース』間で)本契約が締結されたとしても、『双竜自動車』の発展戦略が出なければ(資金を)支援できない」と付け加えた。

⇒参照・引用元:『中央日報』「【独占】キーストーンPE『双龍車買収投資留保』…エジソンモーターズ緊急」

『中央日報』の報道が正しければ、肝心のFIが「資金を提供しないかもよ」と言っていることになります。

また、『キーストーン・プライベート・エクイティ』が求めている納得できる事業計画については、『産業銀行』の李東杰(イ・ドンゴル)会長がかつて同様のことを述べています。

Money1では2021年06月15日に記事にしましたが、やはり「事業計画書なしには資金提供は行わない」旨を言明しています。

――というわけで、『エジソン・モータース』による『双竜自動車』買収話は消滅しそうな雰囲気になってきました。

韓国『産業銀行』が『双竜自動車』に資金支援を拒否!「少なくとも持続可能なプランが必要」
破綻して法定管理下に入り、再生を模索している韓国『双竜自動車』ですが、『産業銀行』の李東杰(イ・ドンゴル)会長が同社に対して重要な発言を行いました。 『産業銀行』は『双竜自動車』の債権団のドンです。 韓国メディア『毎日経済』によ...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました