おススメ記事
広告

【中国の外貨準備】80億ドル増加「3兆1,277億ドル」まで戻す

広告

激減から戻しました。

2022年06月07日、中国の国家外貨管理局から2022年05月時点での外貨準備が公表されました。以下をご覧ください。

外汇储备……3兆1,277.80億ドル
(Foreign currency reserves)
対前月比:+80.60億ドル

基金组织储备头寸……101.26億ドル
(IMF reserve position)
対前月比:+0.78億ドル

特别提款权……524.98億ドル
(SDRs)
対前月比:+2.27億ドル

黄金……1,151.83億ドル
(Gold)
対前月比:-45.48億ドル

其他储备资产……-1.59億ドル
(Other reserve assets)
対前月比:+4.05億ドル

計:3兆1,277.80億ドル
対前月比:+42.23億ドル

データ出典:『中国 国家外貨管理局』公式サイト

外汇储备(Foreign currency reserves)は「3兆1,277.80億ドル」で、前月より「80.60億ドル」増加しました。

2021年03月~2022年05月の中国の外汇储备(Foreign currency reserves)の推移は以下のようになります。

前月、都市封鎖で輸出が滞り外貨が積めなくなった状況が効いたためでしょうが、2022年04月は一気に「682.74億ドル」も減少しました。しかし、当月はわずかながら戻しましています。

中国の外貨準備高は世界一ですが、そのおよそ1/3を占める合衆国公債以外の正体は不明です。何が外貨準備にカウントされているのについては、識者から疑問が呈されています。また、いざというときに本当に使える「真水」がどのくらいあるのかついても不明です。

『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)の定義によれば、「通貨当局が管理しているお金で緊急時に使えるもの」となっているのですが。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました