おススメ記事
広告

韓国「負のサイクル」が既に回っているのか。

広告

韓国で経済収支が赤転して危なくなってきましたが、これは負のサイクルが回りかけているのではないか、いや既に回っているのではないか、そのような懸念があります。

2008~2009年の韓国通貨危機には、以下のような負のサイクルが回っていました。

⇒引用元:『本当はヤバイ!韓国経済 迫り来る通貨危機再来の恐怖』三橋貴明,彩図社,2007年07月03日初版,P.8

これは、経済評論家の三橋貴明先生が自身の著作の中で指摘されたサイクルで、非常に的確に当時の韓国経済が陥っていた状況を表しています。

2008~2009年の韓国通貨危機の発端になったこの負のサイクルは、上掲のとおり、輸出不振が始まりです。輸出不振による貿易収支の赤字化から経常収支が赤字転落。

経常収支が赤字化すると、不足する外貨をファイナンス(穴埋め)する必要があり、これが外国からの融資を受けることにつながります。外国からお金を借りる短期債務が急増。流入する巨額の外貨をウォンに換えますから、ドル売りウォン買いでウォン高が進行。ドル高になると韓国輸出製品の価格戦闘力がなくなって輸出が不振になる――というサイクルです。

このサイクルがグルグル回っているところに、リーマンショックの一撃が来たのです。具体的にいえば、外国からの融資が止まり、資金の逆流が起こりました。すると、外国から借りた資金を償還するための外貨不足に陥って白旗――という構図です。

さて現在です。

Money1でもご紹介しているとおり、韓国経済は危なくなってきっております。そもそも韓国という国は輸出一本で食べていますので、貿易収支が赤転すれば経常収支も赤転しがちです。すでに経常収支は08月に赤転しました。恐らく09月は黒字に戻るでしょうが、危なくなっているのは確かです。

韓国の短期資金調達市場が韓国レゴランドの不渡りに端を発する大混乱に陥っており、これで外国からの融資に頼るようになると、「いつか来た道」なのです。

韓国メディア『毎日経済』に興味深い指摘の記事が出ました。同記事から最後の部分を以下に引用してみます。

(前略)
ロシア・ウクライナ戦争の余波でグローバルサプライチェーンが不安になった中、原油、ガス、石炭などエネルギー原材料の値が上昇し続けると、韓国の貿易赤字はさらに大きくなるしかない。

貿易赤字が累積するほどウォンの価値の下落を煽り、輸入物価を高める要因として作用する。

貿易赤字累積 ⇒ ウォン価値の下落 ⇒ 輸入物価上昇 ⇒ 貿易赤字拡大」の悪循環が続く可能性があるという意味だ。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「수출 강국 위상 왜 흔들리나 / 대만·일본에 밀려 중국 내 입지 약화」

ウォン安で輸出がはかどり、貿易黒字が大きくなって韓国経済が好況になる――とならないのが、今回のドタバタの興味深い点です。

さあ凌ぎきれるか、です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました