おススメ記事
広告

韓国「円安で日本に金融危機が迫っていますか?」日本証券マン「は?」

広告

韓国メディアの皆さんは、どうも日本が円安によって金融危機に陥ってほしいようです。

しかし、当たり前ですが、日本には韓国のように金融危機について切迫感はありません。一部の経済評論家の皆さんが騒いでいらっしゃいますが、それだけです。日本が今回の円安で金融危機になったりはしないからです。

ただ、韓国の皆さんは「日本人が金融危機が来るかもと騒いでいない」のが気に入らないようです。

韓国メディア『韓国日報』に傑作な記事が出ていますので、冒頭部分を以下に引用します。

21日午前、日本・東京の証券街、日本橋兜町。

前日、円・ドル為替レートが150円になり、金融危機の影が現れているだろうかと思ったが、とても平穏だった。

出勤する証券会社の職員たちに「金融危機が迫っていると思うか」と聞いたところ、みんな驚いていた。

初めて聞く話だ」、「それはどういうことなのか」という返事だった。

彼らが心配はインフレだった。円安のために輸入物価と消費者物価が上がり、企業の採算性が落ち、国民の生活に影響するのではないか、という恐れについて話した。

「日本発、アジア金融危機が迫る」という暗い見通しに耳を傾ける日本人はほとんどいない。国内外の経済専門家たちもそうだ。

なぜだろうか。

円安なのは事実だが、深刻な危機状況ではない。
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国日報』「’버블 붕괴 수준의 엔저’에도 일본서 곡소리 안 나는 이유는?」

出勤途上の証券会社の皆さんは、「日本に金融危機が迫っていると思いますか」と聞かれてキョトンとされたようです。当然でしょう。

日本発のアジア金融危機」なんていう妄想を膨らませているのは、韓国メディアの皆さんだけです。

小松左京先生に『日本沈没』という傑作小説がありますが、これに対して筒井康隆先生の手に成る『日本以外全部沈没』という、これまた傑作な短編小説があります。

金融危機がきて、アジアは「日本以外全部沈没」になるかもしれませんので、韓国メディアの皆さんは沈没しないように、日本のことよりも、自国のことをもっと心配された方がいいでしょう。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました