トランプ師匠「二度と間違えるな」とFRBを一喝!

以前から非常に折り合いの悪いトランプ大統領FRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)のパウエル議長。トランプ大統領は、アメリカの株式市場がいったん高値更新をやめたのはFRBのせいだと思い込んでいるようです。「市場が0.5%の金利引き下げ」を織り込んでいたのに、それが「どうやら0.25%の利下げにとどまる」とリークされたからというのがその理由だとか。

トランプ大統領は、我慢しかねたのかTwitterで以下のように怒っています。

With almost no inflation, our Country is needlessly being forced to pay a MUCH higher interest rate than other countries only because of a very misguided Federal Reserve. In addition, Quantitative Tightening is continuing, making it harder for our Country to compete. As good…..

ほとんどインフレもないのに、わが国は他の国に比べて必要もない非常に高い金利を支払っている。連邦銀行の間違った指導のせいだ。加えて量的引き締めは我が国の競争を難しくしている。

⇒引用元:Twitter『Donald J. Trump』2019年7月22日-5:02
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1153274075155959808

….as we have done, it could have been soooo much better. Interest rate costs should have been much lower, & GDP & our Country’s wealth accumulation much higher. Such a waste of time & money. Also, very unfair that other countries manipulate their currencies and pump money in!

できる限りは手を尽くしたが、もーーーっとよくすることができた。金利はもっと低いといけなかったし、わが国のGDP、富はもっとずっと多かっただろう。時間とお金がホントに無駄だった。もちろん、よその国が通貨を操作していやがるのはまったく不公正だ!

⇒引用元:Twitter『Donald J. Trump』2019年7月22日-5:02
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1153274075155959808

It is far more costly for the Federal Reserve to cut deeper if the economy actually does, in the future, turn down! Very inexpensive, in fact productive, to move now. The Fed raised & tightened far too much & too fast. In other words, they missed it (Big!). Don’t miss it again!

将来、経済が実際に左前になってから利下げを行うというのなら、連銀は深手を負うことになるだろう。今やっちゃえば、コストも安く済むし、実際生産的だ。連銀の金利上げは早すぎたし、量的締め付けはやり過ぎだったんだ。別の言葉でいえば(大きな)機会損失だ。二度と失敗すんじゃねーぞ!

⇒引用元:Twitter『Donald J. Trump』2019年7月22日-5:05
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1153274794579767296

というわけで、大統領はお怒りです。一応FRBという組織は、合衆国政府から独立した組織なのですが、こういう人が大統領だと気の休まる時がありませんね。

(柏ケミカル@dcp)