おススメ記事
広告

韓国火力発電所で爆発火事。酷寒で電力需要が高まっているのに

広告

韓国では想像の斜め上の出来事が起こるなどといわれますが、本件もまた驚きという他ありません。


↑「泰安火力発電所」の位置。『韓国西部発電』公式サイトより引用

2023年01月08日08:46、『韓国西部発電』管轄下の泰安火力発電所で爆発が起こり、火事になっているという報告が入りました。以下は本件を報じた『KBSニュース』の映像です。

충남 태안화력서 폭발사고…소방대응 1단계 / KBS 2023.01.08.

↑YouTube『KBSニュース』チャンネル

09:42 大きく火炎が上がる
11:32 鎮火

となりました。爆発して火事となったのは石炭ガス化複合発電プラント(IGCC)と見られています。この設備は2016年08月に竣工しており、とても「老朽化が……」などの要因とは考えられません。

幸いなことに現場周辺にいた作業員12人は全員避難して死傷者は出ていない模様ですが、火力発電所が火事になりました――というのは全くシャレになりません。酷寒なので電力供給の安定は非常に重要です。

なのに火力発電所で火事。

爆発・火事の原因がなんだったのか判明したご紹介するようにいたします。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました