南朝鮮「株安」12月06日はアゲで休止 ただし下げトレンド終了とはいえない

韓国の株式市場で急速な下落が進行し、注目を集めています。2019年12月06日(金)のKOSPI(韓国総合株価指数)は以下ような結果となりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

昨日12月05日(木)は大きく下げたのですが、さすがに本日は上昇。およそ2,060あたりにあるサポートラインが機能して上昇に転じた形です。

ただし、これで上昇へ向かうかというとまだ油断はできません。上掲のようになんとなくざっくりとチャネルラインが引けますし、たとえ来週の月曜日は上げてもチャネルの中ならまだ下落トレンドは継続中といえるかもしれません。

本当はそんな「ざっくり」「なんとなく」ではダメなのですが。

もちろん上掲のように株高に転じる可能性だってあります。ただ、このところ世界の株式市場であまり「いい感じ」はいたしませんけれども。昨年末のような急激な下落が起こらなければいいのですが……。

(柏ケミカル@dcp)

【南朝鮮】サムスン電子の第3Q業績 営業利益56.2%減
10月08日、サムスン電子は2019年07-09月「第3四半期」の業績予測を公表しました。それによれば中央値で、 ・売上:約62兆ウォン(約5兆5,800兆円) ・営業利益:約7.7兆ウォン(約6,930億円) とのこ...
南朝鮮「ロールオーバー不能」がもたらすもの
2019年09月28日、中央日報で韓国企業「ハンファケミカル」が日本での200億円のサムライ債の起債を断念したという報道がありました。これは非常に重要なニュースです。 というのは、韓国企業によるロールオーバー、いわゆる「借り換...
南朝鮮またぞろ「通貨スワップ」とか言い出す
韓国が日本に対して「通貨スワップ」を求めている、という報道が出ており、ネット上では「どのツラ下げてそんなこと言ってるんだ。図々しい」という旨の意見も散見されます。 よく通貨スワップと縮めていわれますが、ややこしいことにデリバテ...

コメント

  1. […] 南朝鮮「株安」12月06日はアゲで休止 ただし下げトレンド終了とはいえない […]

タイトルとURLをコピーしました