おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン」の動きは「人民元」の動きに似ている?

広告

韓国の通貨「ウォン」の高・安に注目が集まっていますが、アメリカ合衆国と中国の手打ち第一弾が発表され、ブレグジットの道筋がつきそう!となり、世界経済の不安要素が後退したという「観測」が醸成されて、とりあえず「ウォン安」進行は止まりました。現在は、一気の「ウォン高進行」後の「戻し」が入った状態です。

上掲のとおり、2019年12月15日21:03現在(日本時間)、およそ「1ドル=1,176ウォン」となっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

先の記事では、雪崩のような為替変動の中で見られたウォン、人民元の動きについてご紹介しましたが、ドルウォンの動きは「ドル人民元」の動きに似ているといわれたりします。ドルウォンチャートにドル人民元のチャートを重ねてみると以下のようになります。

上はオフショアの人民元(CNH)のチャートを、下はオンショアの人民元(CNY)のチャートを重ねたものですが、確かに上昇・下落のトレンドはよく似ているように見えますね。

(柏ケミカル@dcp)

「人民元」の取引には「オンショア」「オフショア」の2種類がある!
中国の通貨「元」の取引・決済には「オンショア」と「オフショア」の2種類があることをご存じでしょうか? 経済のニュースなどでも中国の元については、「オフショア元の取引」といった記載を見かけるでしょう。 ■人民元の取引・決済は「中...
ね、「1ドル=7.2元」を目指しているでしょ! 中国はどこまで元安を許容するか
中国の通貨「人民元」の通貨安がさらに進行しています。ドル元のオフショアのチャートを見てみると以下のようになります(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 オンショアのドル元チャートはもっと露骨で以...
中国の産業スパイまた逮捕 今度は「モンサント」のプログラム
2019年11月21日、アメリカ合衆国 司法省は、『モンサント』とその子会社『クライメート・コーポレーション』に2008-2017年勤務したHaitao Xiang(42歳)を企業秘密窃盗容疑で起訴しました。 『モンサント』と...
タイトルとURLをコピーしました