おススメ記事

【半導体戦争】韓国『サムスン電子』がオランダ『ASML』株式を売却!10億ドル調達

広告

2023年11月14日、韓国の『サムスン電子』が「四半期報告書」を公示したのですが、その中に見逃せないデータがあります。以下をご覧ください。

『韓国金融監督院 公示システムDART』公式サイト

オランダの『ASML Holdings NV』の株式を「158万407株」保有しており、持ち株比率「0.4%」になっています。

読者の皆さまもご存じのとおり、『ASML』は半導体露光装置を販売する世界最大の会社。半導体製造に必須な装置を供給する重要なプレーヤーです。

韓国『サムスン電子』は、戦略提携として2012年に『ASML』の株式約3%7,000億ウォンで取得。株価が上昇してきたのでチビチビ売ってきたのですが、これが「0.4%」まで減少しています。

2023年第2四半期末(06月末)には持ち株比率「0.7%」だったので、0.3%分を売却したわけです。

推計ですが、約10億ドル(約1兆3,400億ウォン)を調達したことになります。

韓国メディアの報道によると、業界関係者は「半導体製造ラインを拡充するための資金に充てるため」と述べた――とのこと。

Money1でもご紹介したとおり、『サムスン電子』は2023年には業績が傾いて投資資金を捻出するのに苦労しています。子会社の利益を吸い上げるということまでやっており、今回の10億ドル調達も投資資金獲得のため、と見ることができます。

韓国『サムスン電子』は現金がどんどん減った。子会社から20兆借りた理由
韓国『サムスン電子』が子会社の『サムスンディスプレイ』から20兆ウォンを調達という件をご紹介しましたが、読者の方から「そんなに『サムスン電子』はお金に困っているのか?」というご質問を賜りましたので、本記事を制作しました。結論からいえば「YE...

ちなみに、『サムスン電子』はまだ約1兆2,562億ウォン分の『ASML』株式を保有しています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました