台湾「総統選挙」いよいよ本日投票!

2020年01月11日(土)、いよいよ台湾総統選挙中華民国総統選挙)の投票が行われます。

アメリカ合衆国と中国の対立が続く中、最も注目される「『国』の首班を決める選挙」といっても過言ではないでしょう。

与党である『民進党』の蔡英文現総統と、最大野党『国民党』の韓国瑜さんによる事実上の一騎打ちですが、今回は蔡総統の再選が濃厚です。香港デモの状況を見て、台湾の皆さんが中国のいう「一国二制度」など信用できないと考えているためです。

『国民党』韓さんは中国に近いとされており(また「風見鶏」と揶揄されポピュリストでもあります)、彼が総統となると中国共産党に飲み込まれる可能性が高くなるため、台湾の皆さんからの支持は薄いでしょう。

ただ、台湾の中には中国との貿易によって「食べている人」が多くいることも確かです。全体としては「中国とは距離を置きたい」として蔡総統が勝つでしょうが、一方で韓さんがどのくらい票を集めるのかについても注目が集まっています。

さて、どのような結果になるでしょうか?

(柏ケミカル@dcp)

中国、台湾独立の動きなら戦争辞さず 新冷戦の焦点「台湾」
07月24日、中国国防報道官が国防白書を公表しましたが、台湾独立の動きに対して「戦争をする用意がある」と述べました※。 アメリカ合衆国と中国の新冷戦では、台湾がホットスポットとなり、2019年になってにわかに緊張が高まっていま...
合衆国は「台湾」を防衛する! 2本の「親台湾法」下院通過
中国封じ込めの一環ですが、アメリカ合衆国は「台湾」へのコミットメントを深めています。台湾を「一国二制度」を唱えて取り込もうとしている中国共産党からすれば、合衆国の動きは非常に目障りなものでしょう。 しかし、合衆国としてはこれ以...
いや、だから合衆国の言う「一つの中国」って……。英語の原文を見よう!
アメリカ合衆国が香港のデモにかこつけて中国への圧力を強めています。トランプ大統領はこれを貿易協議を有利に進めるためのカードと考えているようで、すでに「香港のデモを武力鎮圧したら貿易協議は合意しない」と述べています。 中国はこれ...
タイトルとURLをコピーしました