南朝鮮「ウォン」三角持ち合い ブレイクは上か、下か!?

株安・通貨安が懸念されるため、注目される韓国の通貨「ウォン」ですが、2020年01月10日(金)までのところ「ウォン高」方向へ動いています。01月11日08:45(日本時間)現在の「ドルウォン」チャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

上掲は、ローソク足一本が1日の値動きを示す「日足」チャートですが、01月08日に壮絶な変動の末ウォン高方向へ動き、10日まで3日続けて陰線(下落)です。

先の記事で何度もご紹介していますが、およそ「1ドル=1,154ウォン」に「ウォン高のレジスタンスライン(抵抗線)」があり、これを試しにいっている状況です。

この抵抗線はこれまで三度「これ以上のウォン高を許さない」とばかりに、下落(ウォン高)を跳ね返してきました。今回で四度目の底値試しというわけですが、レジスタンスラインが機能すれば、ウォン安トレンドへ回帰、破られれば新たなウォン高トレンドを作ることになります。

この日足チャートにトレンドラインを引いて見ると以下のようになります。

2019年08月につくったウォン安の天井圏から、徐々に「高値」を切り下げており、高値切り下げのトレンドラインを引くことができます。底値は上記のとおり「1ドル=1,154ウォン」でトレンドラインが引けます。

つまり、「高値切り下げのライン」と「底値およそ1,154ウォンのライン」にはさまれた、先すぼまりの三角形の中で値が動いているわけです。株式やFXの取引をされる方にはおなじみの「三角持ち合い」なのです(その形から「ペナント」と呼ぶこともあります)。

ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」チャートにすると、以下のように、よりトレンドラインが明確になります。

この先がどうなるかですが、このような三角持ち合いになった場合、往々にしてトレンドラインを破る大きなブレイクが現れるものです。さて、上か、下か、皆さんはどちらだと思われますでしょうか?

(柏ケミカル@dcp)

三角持ち合いってナニ?
昨日の記事で「持ち合い相場」をご紹介しましたが、最後の方に出てきた「三角持ち合い」については説明していませんでした。そこで今回は「三角持ち合い」についてです。そもそも持ち合い相場は、買い・売りが拮抗しており、値動きが「あるレンジ」で...
南朝鮮「ウォン高」方向へ進行中 4度目の「抵抗線」試しか?
「株安・通貨安」のトレンドにあったはずの韓国通貨「ウォン」ですが、先にご紹介したように2020年01月08日(水)に非常に激しい動きの末「ウォン高」方向へ進路を変えました。 これを受けて01月09日(木)も19:17現...
南朝鮮「ウォン」抵抗線が正念場 次ステージ「底値1,200ウォン」があり得るから
誠に申し訳ありませんが、昨日の記事の続きです。2018-2019年の「ドルウォンチャート」とトレンドラインを引いたチャートをご覧ください(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 「レンジ相...

コメント

  1. […] 南朝鮮「ウォン」三角持ち合い ブレイクは上か、下か!? […]

  2. […] 南朝鮮「ウォン」三角持ち合い ブレイクは上か、下か!? […]

  3. […] 以上のウォン高は許さない」とばかりにウォン高圧力を跳ね返したことになります。このラインはかなり固いですが、以前ご紹介したとおり、まだ三角持ち合いの中で値動きしています。 […]

タイトルとURLをコピーしました