南朝鮮「ウォン」実体線で抵抗線を破れず

2020年01月13日(月)の値動きが注目された韓国の通貨「ウォン」ですが、13日(月)22:43現在(日本時間)以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

先にご紹介したように、およそ「1ドル=1,154ウォン」のところに引ける「『ウォン高』のレジスタンスライン(抵抗線)」を下(ウォン高方向)に破れるかどうかが焦点だったのですが、一時は「1ドル=1,153.34ウォン」まで進んだもののそこから戻しました。

その結果、上掲のとおり長い下ヒゲの出るローソク足となっています。この1日(日本時間22:43まで)のプライスアクションを、ローソク足1本が1分の値動きを示す1分足で見ると以下のようになります。

13日の市場が開いてから一気にウォン高方向へ動き、11:53(日本時間)に安値を記録しますがここから徐々にウォン安方向へ戻しました。ウォン高のレジスタンスはまだ機能しているようですが、この1週間は以降のトレンドを見極める意味でも見逃せないものになりそうです。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン」三角持ち合い ブレイクは上か、下か!?
株安・通貨安が懸念されるため、注目される韓国の通貨「ウォン」ですが、2020年01月10日(金)までのところ「ウォン高」方向へ動いています。01月11日08:45(日本時間)現在の「ドルウォン」チャートは以下のようになっています(チ...
南朝鮮「ウォン高」方向へ進行中 4度目の「抵抗線」試しか?
「株安・通貨安」のトレンドにあったはずの韓国通貨「ウォン」ですが、先にご紹介したように2020年01月08日(水)に非常に激しい動きの末「ウォン高」方向へ進路を変えました。 これを受けて01月09日(木)も19:17現...
「フッ化水素」はウランの濃縮工程で使われる だから管理が必要
日本が「フッ化水素」を輸出管理強化品目にした理由について、「大量破壊兵器の製造に転用できるから」と説明されます。具体的にどのように使用される可能性があるのでしょうか。 「核」について見てみますと、フッ化水素は核燃料となるウラン...

コメント

  1. […] 南朝鮮「ウォン」実体線で抵抗線を破れず […]

タイトルとURLをコピーしました