南朝鮮「米軍駐留費用」5億ドル支払ったとトランプ師匠発言

イラン情勢が流動化している中、2020年01月10日FOX Newsがローラ・イングラハムさんによるアメリカ合衆国トランプ大統領のインタビュー取材の様子を放映しました。

その中に、韓国が合衆国から要求されている「米軍駐留費」について言及した部分がありました。興味深い発言ですのでご紹介いたします。動画の13分19秒あたりからの以下の部分です。


We’re sending more to Saudi Arabia and Saudi Arabia’s paying us for it. We’re doing something that nobody’s ever done. I said to Saudi Arabia — we have a very good relationship with Saudi Arabia. I said listen, you’re a very rich country. You want more troops, I’m going to send them to you but you’ve got to pay us. They’re paying us. They’ve already deposited $1 billion in the bank.

私たちはサウジアラビアに軍を派遣しているし、サウジアラビアはその対価を支払っている。私たちは誰も成し遂げられなかったことをしているんです。私はサウジアラビアに言った。「私たちはとてもいい関係を築いている。聞いてくれ、あなたはとてもお金持ちの国だ。もっと派兵してくれというならそのとおりにしよう。だがその対価は支払ってほしい」と。彼らはすでに10億ドルを銀行に入れている。


We are going to help them but these rich countries have to pay for it. South Korea gave us $500 million. They’ve never gave us — they gave us $500 million. I said you got to help us along. We have 32,000 soldiers in South Korea protecting it from North Korea. You’ve got to pay. And they gave us $500 million.

私たちは彼らを助けようとしているが、裕福な国にはその対価を支払うように求めます。韓国は5億ドルを支払った。彼らが私たちに5億ドルを支払ったことはありません。私は、あなたは私たちを助けなければならない、と言いました。私たちは韓国に3万2000人の兵士を送り、北朝鮮から守っています。支払わなければなりません。そして彼らは5億ドルを支払いました。


合衆国が米軍の駐留費として、韓国に「47億ドル」を支払うよう要求しているとされます(最初は50億ドルだったのですが、国務省・国防総省が大統領を説得して47億ドルになったとの報道あり)。トランプ大統領の発言によれば「5億ドル」分の支払いは済んでいると受け取れます。

先例どおりあと5億ドルほど支払えば済むのか、それともあと42億ドル支払わなければならないのか、これも韓国についての注目ポイントの一つです。

(柏ケミカル@dcp)

「サウジアラビア」は「ジレンマの国」である 佐藤大輔御大の至言
サウジアラビアの記者殺害問題が市場に影響を与えているとのことで、「サウジアラビアの動静によって上値が制限されている」などという報道もあります。 日本人は、サウジアラビアという国について石油を多く生産する国である程度の理解しかあ...
「同盟」とは? 自業自得「韓国」の駄目な点3つ
2019年11月23日午前0時に失効する予定のGSOMIA(General Security of Military Information Agreementの略:軍事情報に関する包括的保全協定)でしたが、直前の11月22日17時...
海洋国と大陸国の激突は必然 海洋国の「勝利」も必然
御大の「エアパワーとしての空母」より長いですが引用します。 <<引用ここから>> (前略) 大ざっぱにくくるならば歴史は大陸国と海洋国の闘争で造り上げられている。考えてみればこれは当然、いや、必然といってもいい。 産...

コメント

  1. […] 南朝鮮「米軍駐留費用」5億ドル支払ったとトランプ師匠発言 […]

タイトルとURLをコピーしました