おススメ記事

総選挙迫る韓国! 嵐吹きすさぶ韓国政界の現状。「監獄行きをかけたゲーム」いよいよ佳境に

広告

2024年04月10日投開票の韓国「第22代 国会議員総選挙」。

いよいよ決戦日が迫ってきました。

政府与党『国民の力』と最大野党『共に民主党』のどちらも絶対に負けられないのはもちろんですが、第3極としてキャスティングボードを握りたいという人、また政治ゴロが暗躍する情勢となっています。

今回は、選挙をにらんで混迷を深める韓国政界の現状をご紹介します。

『国民の力』と『共に民主党』の状況

『国民の力』は非常対策委員会の委員長に、尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領の秘蔵っ子であり、法務部長官を務めた韓東勳(ハン・ドンフン)さんが就任。


↑『国民の力』中央党舎の警備員さん、掃除夫さん、建物の管理人さんと会食を行った韓東勳(ハン・ドンフン)さん(月亭方正似)。

韓東勳(ハン・ドンフン)委員長は、国民からの人気もあるので、政府与党にいい風が吹き始めています。少なくとも、就任するまでの「与党惨敗」という雰囲気ではなくなってきました。

対する『共に民主党』は、いまだに疑惑の総合商社・李在明(イ・ジェミョン)さんが党首を務め、親李在明派が党中央を仕切っています。


↑出廷するたびに記者に取り囲まれる李在明(イ・ジェミョン)さん。

李在明(イ・ジェミョン)さんは、相変わらず裁判に出席しながらの総選挙対策を進めています。


↑選挙の神様と異名をとる左派・進歩系の重鎮、李海瓚(イ・ヘチャン)さんとゴニョゴニョ会合を持つ李在明(イ・ジェミョン)さん。


↑ゴニョゴニョ密談する李在明(イ・ジェミョン)さん。

第3極になりたい人たち

『共に民主党』から離党した李洛淵(イ・ナギョン)さんは、『改革未来党』を旗揚げ(創党日は2024年02月04日の予定)。


↑「雪の日の別れ」。李在明(イ・ジェミョン)さんと李洛淵(イ・ナギョンさん(写真右)の最後の「融和のための会談」は物別れに終わりました。韓国メディアによれば、二人はほとんど口をきかず、「党代表を下りろ」「嫌だね」で終わりだったそうです。一応、体裁を守るため、30分間黙って座ったまま過ごし、記者が待つ出口に向かったとのこと。

『改革未来党』に所属する現国会議員は――、

李洛淵(イ・ナギョン)さんと共に代表を務めるチョ・ウンチョンさん(共同代表)、キム・ジョンミンさん(院内代表)、イ・ウォンウク(事務総長)

――です。つまり、『改革未来党新しい未来には国会議員が計4名所属しています。

『改革未来党』になる予定でしたが『新しい未来』と決定されました(2024年02月04日)。

2024年01月11日時点では、李洛淵(イ・ナギョン)さんは「来る第22代 国会議員選挙には立候補しない」としました。

ただし、支持者からの「あんたが出ないでどうすんだ」という圧力もあり、「選挙に出ない」が守られるかどうかは分かりません。

候補者登録申請は、「2024年03月21~22日」です。

さて、『国民の力』の党首まで務めながらも、党から蹴り出された「アホの子」でおなじみの李俊錫(イ・ジュンソク)さん


↑李洛淵(イ・ナギョン)さんとの共闘を図りたい李俊錫(イ・ジュンソク)さん(アホの子/写真左)。

2023年12月27日、李俊錫(イ・ジュンソク)さんは、脱党と新党の立ち上げを宣言(ソウル市盧原区にある炭火カルビ屋に於いて)。これが『改革新党』です。

この『改革新党』には、『国民の力』を脱党したホ・ウンアさんが参加。また『韓国の希望』党が合流しました(吸収合併ですね)。

この『改革新党』が、李俊錫(イ・ジュンソク)さんの『改革未来党』との共闘(あるいは合併か)を目論んでいるので、これが第3極のコアになるという見方もあります。

その一方で「馬糞の川流れ」(金丸信さんの名言)になるという見方もあるのですが……。

傍から見ていて面白いのは、「一家総出で息子のカンニング」でおなじみ曹国(チョ・グク)元法務部長官です。

曹国なんかと組んでも無駄!

こういうのを政治ゴロというのでしょうが、曹国(チョ・グク)さんの動きは褒められたものではありません。

疑惑のタマネギ男・曹国が「韓国をリセットだ」と主張
まあなんでも勝手にすればいいですが、往生際が悪いです。2024年01月11日に『リセットコリア行動』という「政策シンクタンク」を自称する市民団体が旗揚げのプレスリリースを出しました。政策シンクタンクといっていますが、科学的に物事を考えて結論...

上掲記事でご紹介したとおり、曹国(チョ・グク)さんはシンクタンク『リセットコリア行動』を立ち上げ、その主導メンバーとなっています。


↑裁判で有罪判決が出ているにもかかわらず、控訴して「尹錫悦(ユン・ソギョル)検察独裁と戦うオレ」を演出している曹国(チョ・グク)さん。検察独裁も何も「家族ぐるみでカンニング」などが「有罪」となっただけです。

その曹国(チョ・グク)さんが、2024年02月01日、『リセットコリア行動』第4次行動セミナーで面白いことを言い出しました。以下が発言です。

「広い意味の反尹政治勢力が200議席を得れば、尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領はレームダックではなくデッドダックを迎えるだろう」

「議論の前提は、『共に民主党』はもちろん、李俊錫(イ・ジュンソク)新党まで全部合わせてその数(200議席)が確保されるのだ」

曹国(チョ・グク)さんは有罪判決がすでに出て、監獄行きの一歩手前ですので、自身を救うために何としても尹錫悦(ユン・ソギョル)政権を倒したいのです。

そのため、李俊錫(イ・ジュンソク)さんの『改革新党』までアテにしています。

ところが、02月02日、勝手にアテにされた李俊錫(イ・ジュンソク)さんは、自身のFacebookに――、

「曹(チョ)前長官が政治的な動きを準備中と伝えて聞いている」

「ただし、『改革新党』は、曹(チョ)元長官と政治的歩みを共にする計画はない

――と書きました。

曹国(チョ・グク)さん撃沈の巻――です。

さすがに政界をクロールしてきた李俊錫(イ・ジュンソク)さんだけあって、もはや何の後ろ盾もなく(一部の左巻き市民が支持しています)、政界で泳いできた経験もさっぱりない曹国(チョ・グク)などと共闘できるか!ときっぱり切って捨てました。

「元法務部長官ばっかり」だな


↑検察総長時代の尹錫悦(ユン・ソギョル)さんを辞任に追い込んだものの、文在寅大統領から切り捨てられた秋美愛(チュ・ミエ)さんも蠢動しています。

他の政治ゴロとしては、元法務部長官の秋美愛(チュ・ミエ)さんがいらっしゃいます(法務部長官経験者ばかりですね)。

秋美愛(チュ・ミエ)さんも国会議員に立候補する予定で、韓国メディアの見立ては――「尹錫悦(ユン・ソギョル)スナイパー」としての自分をアピールするつもり――とのこと。

尹スナイパー」は傑作ですが、文在寅あってこその自分だったのであり、また結果としては「尹錫悦(ユン・ソギョル)さんと相討ち」の形になったのを忘れてはならないでしょう。

――というわけで、総選挙迫る韓国政界を俯瞰してみましたが、いかがだったでしょうか。全体図としては以下のようになります。

鈴置高史先生の名言どおり、これは「監獄行きを懸けたゲーム」です。来る04月10日、誰がこのバトルロワイヤルを生き残るのか、ぜひご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました