毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

南朝鮮「ウォン安」02月04日も戻し中! 注目はどこで止まるか

from Sponsor

2020年02月04日(火)、韓国通貨「ウォン」の高安動向です。04日はまだ締まっていませんが22:25現在(日本時間)、ドルウォンチャ-トは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

現在終値が「1ドル=1,186.35ウォン」と「1,190ウォン」を下(ウォン高方向)に割られています。買いが強力でじわじわとウォン高方向へ進行中です。これを週足で見ると以下のようになります。

01月最終週に作った赤色の陽線の上昇分を、02月03日からの緑色の陰線がじわじわと侵食していっている状況です。これにフィボナッチ・リトレースメントを当てたものが以下になります。

天底から天井までの値の「23.6%戻し」のラインは22:25現在すでに突破されていますが、ここから下落した(チャートで下方向に向かう)としても、「38.2%」でまた上昇する(チャートで上方向に向かう)なんてことはよくある話。株式やFXの取引をされる方ならよくご存じの、いわゆる「押し目買い」のポイントだからです。ただ、筆者個人の意見ですが、上昇(ウォン安)が継続されるにしては「ツノ」はあまりよくないサインです。

「1ドル=1、185.63ウォン」でこの下落(ウォン高方向への動き)が止まれば、上昇(ウォン安方向への動き)も期待できるのですが(悲観的な人間ですみません)。ともあれ、本日もアメリカ時間が始まります。何か動きがあればお伝えします。

追記
04日はとにかく猛烈な下り(ウォン高進行)でしたが底を打ち決着しました。また、さすがに05日は反騰となっています。以下に05日(水)11:47現在のドルウォンチャートの状況をまとめました。併せて読んでいただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

南朝鮮「ウォン安」04日決着!「1,183.46ウォン」で止めた 
安値トレンドの行方が注目されている韓国通貨ウォンですが、まず2020年02月04日(火)のドルウォンチャートは以下のように締まりました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 ウォン高方向へ戻して...

(柏ケミカル@dcp)

トランプ師匠「優遇措置撤廃」を叫ぶ! 中国・韓国への優遇措置はなくなるかも
現在のアメリカ合衆国政府がWTO(World Trade Organizationの略:世界貿易機関)について不信感を持ち、調停能力を持たないことにいらだっているのは明らか※ですが、ついにトランプ大統領は「途上国についての優遇措置を...
南朝鮮「ロールオーバー不能」がもたらすもの
2019年09月28日、中央日報で韓国企業「ハンファケミカル」が日本での200億円のサムライ債の起債を断念したという報道がありました。これは非常に重要なニュースです。 というのは、韓国企業によるロールオーバー、いわゆる「借り換...
新大統領の「どうしようもない現状」その02「家計債務」
韓国経済の「どうしようもない現状」の続きです。今回は、韓国経済の問題点と指摘される「家計債務」についてご紹介しましょう。2015年にマッキンゼー(経営コンサルタント会社として世界的に有名な会社です)が、持続不可能なほど個人債務残高(...
タイトルとURLをコピーしました