おススメ記事

【韓国産のEV】米国市場に44%輸出。ハシゴ外されたら即死

広告

『韓国銀行』が公表したリポートどおりの状況が現在も続いています。

2024年第1四半期の電気自動車の輸出について、おなじみの『KAMA』(『韓国自動車モビリティ産業協会』)からデータが公表されました。

2024年第1四半期 韓国産電気自動車
輸出:8万1,631台
アメリカ合衆国へ:3万6,556台

⇒データ出典:『KAMA』

電気自動車強国と誇る韓国ですが、輸出の44.8%は合衆国向けです。

2023年第1四半期は「33.7%」でしたから、合衆国市場への依存度が「11.1%」上昇したことになります。

世界第1位の自動車市場「中国」では、韓国産の電気自動車は蹴り出され、市場シェアは1%台に落ち込んでいます。


↑実績販売台数は左軸。中国市場におけるシェアは右軸。
データ引用元:中国乗用車協会(CPCA)

上掲のとおり、韓国メーカーの自動車は急速に中国市場で売れなくなりました。もう北米市場頼みです。

ひとつの市場に依存するのはよくありません。「卵を一つのかごに盛るな」は鉄則です。

韓国の自動車輸出は好調とメディア、政府は喧伝していますが、果たしてそうでしょうか。合衆国市場でハシゴを外されたら即死――に向かっているのではないでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました