おススメ記事

「韓国の先進国入り」これで絶望的になった。

広告

2024年06月06日、『MSCI』が「MSCI GLOBAL MARKET ACCESSIBILITY REVIEW」を公表しました。世界の各国市場において、投資家からのアクセスの良し悪しを評価したものです。

韓国株式市場は『MSCI』では、「Emerging Markets」(新興国市場)に分類されており、「Developed Markets」(先進国市場)には入っていません。

韓国は先進国は自称。『MSCI』で先進国に分類されていから先進国と名乗ろう」といわれるのはそのためです。韓国はこの分類を苦々しく思っており、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、李明博(イ・ミョンバク)政権のころから評価を覆そうとしてきました。

しかし、いまだに果たされていません。

今回の『MSCI』の韓国株式市場に対するアクセシビリティー評価は以下のようになっています。


↑文字が小さくて見にくいのが恐縮ですが、赤い枠で囲ったのが韓国。「-」となっているのが「improvements needed」(改善が必要)です。

⇒参照・引用元:『MSCI』公式サイト「MSCI GLOBAL MARKET ACCESSIBILITY REVIEW 2024 June」

韓国の場合、「要改善」つまりは「難アリ」とされた項目は以下です。

・Foreign exchange market liberalization level(外国為替市場の自由化レベル)
・Investor registration & account set up(投資家登録と口座開設)
・Information flow(情報フロー)
・Clearing and Settlement(精算と決済)
・Transferability(振替制度)
・Short selling(空売り)
・Availability of Investment Instruments(投資商品の利用可能性)

「韓国を先進国市場と認定しろ」とうるさい割には、実は状況はほとんど改善されていません。例えば――、

外国為替市場の自由化レベル:オフショア通貨市場はなく、オンショア通貨市場には制約がある。

投資家登録と口座開設:投資家登録は義務であり、膨大な書類を必要とする(IRCシステム)。

情報フロー:英語による情報開示は改善されているが、すべての企業について必ずしも容易に入手できるわけではない。また、韓国企業は配当落ち日以降に配当金額を開示しているが、これは国際基準とは異なる。また、予想配当は一般的に提供されていない。

清算と決済:オムニバス口座は連結取引注文を可能にするが、決済はまだ投資家IDごとである。証券決済のための当座貸越は依然利用できない。

譲渡可能性:現物取引や取引所外取引は依然として非常に限定的であり、その厳格さと承認プロセスのために現実的なものではない。

――といった点は以前とあまり変わっていません。だから要改善が7つもあるのです。

しかし、今回特に注目なのは「空売り」です。

Money1でも何度もご紹介していますが、韓国株式市場は「全然空売り禁止」措置をとり、これがいまだに続いています。

そのため『MSCI』は前回の「+」(幾つかの点で改善しなければならない)から、「-」に評価を下げました。

当然の評価ですが、これで韓国の先進国市場入りはなくなった――と見るべきです。残念でした。

『MSCI』は、その国を観察対象国に指定し、経過を確認してから市場区分について判断します。現在韓国は観察対象国にすらなれていないので、一足飛びに先進国市場になるということは、そもそもありません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました