おススメ記事

中国政府「洪水・干ばつ」被害額6億1,900万元と推定。

広告

「上は干ばつ、下は洪水」と、まるでなぞなぞみたいな状態になっている中国。


↑広東省は2024年04月以降豪雨に見舞われて被害甚大。

南部の各地で豪雨が続き、広東省、広西チワン族自治区、安徽省、福建省、湖南省などで洪水や地質災害が発生し、被害は甚大です。

習近平総書記が「洪水防止と干ばつ救済に対応せよ」という指示を出したため、2024年06月23日、国家金融監督管理総局が以下のようなプレスリリースを出しました。

国家金融監督管理総局は、国務院直属の組織で、証券業を除く金融業の監督・管理を広く行うためにあります(2023年05月18日発足)。金融行政の監督局ですが、このプレスリリースに注目すべきデータがあるのです。

保険業界は、南部の暴風雨災害に対処するために6.19億元の推定損失の報告を受けている

最近、中国南部では、広東省、広西チワン族自治区、安徽省、福建省、湖南省など各地で豪雨、洪水、地質災害が続き、死傷者や財産損失が発生した。

金融監督管理総局の党委員会は、習近平総書記の治水・干ばつ救済業務に関する重要な指示を真摯に実行に移し、直ちに業務配置を行い、06月18日に通知を発表し、保険業界に対して、リスク認識、ボトムライン思考、コンパクション責任を強化し、協調を強化し、治水・干ばつ救済災害対応と保険金請求サービス業務で良い仕事をするよう求めた。

広東省、広西チワン族自治区、安徽省、福建省、湖南省などの金融監督当局は、初めて災害対応のタイムリーな開始の実施を把握し、地方党委員会と政府の洪水制御作業、金融サービスリソースのスケジューリングの調整の全体的な取り決めに従って、保険機関の管轄を必要とし、効果的に災害、災害救援、災害後の請求の前に防ぐために、保険業界の機能を発揮する。

(中略)

06月23日12:00現在、関連地区の保険機関は自動車保険、企業財産保険、農業保険、傷害保険、農家保険など、計1万8,400件の報告を受け、6億1,900万元の損害が報告された。

関連保険機関は、1万回近くの人員を災害現場に投入し、5,000台以上の車両を派遣して調査・救助に当たり、すでに1億500万元を支払い、前払いしており、保険金決済作業は着実かつ整然と進んでいる。

⇒参照・引用元:『中国 国家金融監督管理総局』公式サイト「保险业全力应对南方暴雨灾害 已接报案估损6.19亿元」

興味深いのは、中央政府、地方政府が災害復興支援などを行う――という話ではなく、習近平総書記の指示を真摯に実行するため、国家金融監督管理総局が、保険業種に対して圧力を掛けたという点です。

お前らが被災者にしっかりお金を出せ」という指令です。

計1万8,400件の保険申請報告を受けていて、金額にして被害額は6億1,900万元に及ぶとなっています(2024年06月23日時点)。日本円にして約136.8億円になりますが、(申請があった分だけですし)果たしてそんなもので済んでいるのか?――です。

またすでに約1億元を支払ったとのことですが、これも本当なのか?――です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました