毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

南朝鮮「ウォン」14日夜 謎の水平線「1ドル=1,182.09ウォン」 介入なのか!?

from Sponsor

通貨安の進行が気になる韓国通貨「ウォン」ですが、1分足で気になるプライスアクションが現れたのでご紹介します。以下は14日午前03時ごろ(日本時間)から19時20分ごろ(同左)までの1分足(ローソク足1本が1分間の値動きを示します)です(チャートは『Investing.com』より引用)。

およそ「1ドル=1182.09ウォン」でまるで切りそろえられたようにローソク足の下端が一致するのがお分かりいただけるでしょうか。しかも普通ではない長いヒゲ、ローソク足となっています。「何者か」が意図して資金を投入していると思えるプライスアクションです。もしこれが筆者の考えすぎではなく、韓国通貨当局の為替介入だとすると、なぜこんな場所で?というのが大いに疑問です。

もしウォン高を止めたいのであれば、2日前の12日の底値圏でもっと為替介入のようなプライスアクションが現れていいはずです。逆にウォン安阻止であれば、過去の介入(あくまでも推定です)のように「1ドル=1,195ウォン」など、少なくもあと10ウォンは上値でもいいはずなのです。なぜ慌たようにこのおよそ「1ドル=1,182.09ウォン」という一見、中途半端な値で止めたいのでしょうか。

非常に奇妙なプライスアクションに見えます。ただ筆者の考えすぎでしたら申し訳ありません。

02月14日が締まりましたらまた記事を制作し、ご紹介するようにいたします。

追記
2020年02月14日(金)が締まりました。奇妙な値動きもありましたが、17:30ごろ以降は基本ウォン安進行となりました。
併せて以下の記事も読んでいただければ幸いです。

南朝鮮「ウォン」14日決着! ヘンな値動き出現も「1,183.46ウォン」までウォン安へ
安値トレンドがどこまで続くのかが注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年02月14日(金)が締まりました。ローソク足1本が1日の値動きを示す「日足」のドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing....

(柏ケミカル@dcp)

「世界を股に掛ける高利貸」IMFは合衆国のものである
皆さんも社会の時間にIMF(International Monetary Fundの略:世界通貨基金)について学んだことでしょう。「お金に困った国があれば援助してくれる組織」といった説明がされたのではないでしょうか。 確かに、...
合衆国は「IMF」を中国から守る! 「資本増強」見送りで中国を阻む
10月08日、『REUTERS(日本語版)』に面白い記事が出ました。IMF(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)が10月に開催される総会において「合意を目指していた資本増強」を先送りすることが分...
中国の「約束不履行」は続いている
香港ではデモが継続されています。ついに警官隊がデモ隊に対して催涙弾を発砲し、中国政府が「武警」と呼ばれる治安維持のための武装部隊を投入するのも時間の問題と見られています。香港のデモは、「50年間は香港の高度な自治を認める」とした香港...
タイトルとURLをコピーしました