毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

南朝鮮「ウォン」14日決着! ヘンな値動き出現も「1,183.46ウォン」までウォン安へ

from Sponsor

安値トレンドがどこまで続くのかが注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年02月14日(金)が締まりました。ローソク足1本が1日の値動きを示す「日足」のドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

一時は「1ドル=1,180.88ウォン」までウォン高が進んだのですが、17:50ごろに底を打ち、ウォン安方向へ戻して終値「1,183.46ウォン」で決着しました。14日全体の値動きをローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

先の記事でもご紹介しましたが、すわ為替介入か?(しかし「なぜここで?」)という気になるプライスアクションが現れたのは赤丸で囲んだところです。拡大すると以下のようになります。

きれいにローソク足の下端がおよそ「1ドル=1,182.09ウォン」で揃っており、非常に不自然な印象を与えます。また先の記事で「なんだこりゃ」とご紹介したローソク足の下端もまたこのおよそ「1ドル=1,182.09ウォン」で揃っています。

先の記事でも書きましたとおり「なぜここで?」という値であり、恐らく気にしすぎなのでしょうが、14日のプライスアクションの中では特に注目のポイントでした。

金曜日の市場が終わり、1週間の値動きも締まりましたので、ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」で見てみると以下のようになります。

上掲は、株式やFXなどを取引される方にはおなじみの「フィボナッチリトレースメント」を当てたものですが、02月第2週は実体線では天底から天井までの38.2%戻しまで達しませんでした。下ヒゲも「半値戻し」の「50%」まで達していません。

さて次週のウォンは高値進行になりますか、それとも安値進行に回帰するでしょうか?

追記
02月17日(月)の取引がスタートしました。ドルウォンチャート初動について以下の記事を制作いたしました。本記事に併せてお読みいただければ幸いです。

「韓国ウォン」17日(月)開始・初動!「1,182-1,183ウォン」でもみ合い
高安トレンドが注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年02月17日(月)が開場し、02月第3週のスタートです。17日(月)10:13現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing....

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン」14日夜 謎の水平線「1ドル=1,182.09ウォン」 介入なのか!?
通貨安の進行が気になる韓国通貨「ウォン」ですが、1分足で気になるプライスアクションが現れたのでご紹介します。以下は14日午前03時ごろ(日本時間)から19時20分ごろ(同左)までの1分足(ローソク足1本が1分間の値動きを示します)で...
「外国為替平衡基金債券」とは? 韓国政府「為替介入用資金」調達のための国債
「外国為替平衡基金債券(がいこくかわせ へいこうききん さいけん)」は、先にご紹介した「通貨安定証券」と同じく、韓国経済について語るときに避けては通れないものです。 避けては通れないといっても、韓国経済の特徴を示す面白い点とし...
南朝鮮「輸出産業」輸出額は2019年に「4.7兆円」も減った! しかも一番大事な分野が減少 
韓国「産業通商資源部」(Ministry of Trade, Industry and Energy)は2020年01月21日に「2019年韓国のICT産業は輸出額1,767億ドルを計上」というプレスリリースを出しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました