毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「DXY」の強まりが尋常ではない件

from Sponsor

2020年02月15日現在、ドルの強さを示す「DXY」指数(ドル指数)が大きく上昇しています。以下のチャートを見てください(チャートは『Investing.com』より引用)。

上掲はローソク足1本が1日の値動きを示す「日足」ですが、2020年01月02日から陽線(上昇を示すローソク足のことです)となり、以降02月15日現在までほぼ一貫して上昇を続けてきました。

途中、大きく下落しているポイントがありますが、これは新型コロナウイルスが世界的に大騒動となった01月30・31日です(WHOが「緊急事態に該当する」と宣言したのが30日)。しかし、下げは2日で収まり、すぐに上昇に転じています。現在2019年09月末・10月頭依頼の水準まで達しているのです。

DXYが上昇すると普通、新興国通貨は連動して安値進行となります。DXYがどこまで上昇するか分かりませんが、17日(月)から始まる02月第3週も注視していなければなりません。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン安問題」ウォン高進行 理由はドルの弱まり
韓国の通貨「ウォン」の通貨安進行(チャートでは上方向)が注目されていましたが、通貨高方向に向かい、2019年10月12日14時現在、10月11日のドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』...
南朝鮮「ウォン」なぜそこでウォンを買う?
2019年12月13(金)およそ06:55-07:00(日本時間)に大きな為替変動がありました。韓国の通貨「ウォン」も大きくウォン高方向へ動いたわけですが、この前後で面白い動きがありましたので、ご紹介してみます。 まず、アメリ...
南朝鮮「ウォン安」05月初旬から「異常事態」だった
2019年05月初旬以降は「ウォン安」が強くなった「異常事態」 韓国通貨当局が為替介入を行わざるを得ない状況とはどのようなものでしょう。ドルが強くなれば、一般に他の通貨は安くなりますので、まずドルがあまりに強くなり通貨安が許容...
タイトルとURLをコピーしました