【最新版】あれから服部平次は「せやかて工藤」と言ったか

【Fact1】調べた「驚き」を一生懸命書くサイトです

読んでみよう
from Sponsor
おススメ記事

今度は韓国『全経連』のアンケート結果。「『日韓通貨スワップ』など結ぶべし」だそうです

from Sponsor

先の記事でご紹介した、『全国経済人連合会』が行った韓国輸入企業へのアンケート調査。2020年04月09日にプレスリリースが公表されたのですが、実は続きがありまして。後段にこういう部分があるのです。

(前略)
最近の為替の上昇に必要な政策では、外国為替市場急変動緩和措置(44.1%)、日本など主要国との通貨スワップ締結(32.2%)、輸入金融‧保証サポートの拡大(16.9%)、マーケティング支援などの輸入インフラ構築(6.8%)などの結果となった。
(後略)

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』「為替レートの変動による輸入企業への影響」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーラインは筆者による(以下同)

「為替レートを安定させるには?」という質問に対して「日本など主要国との通貨スワップ締結」という選択肢があったらしく
、「32.2%」の回答を集めています。

また、さらに以下のような文が続くのです。

ギム・ボンマン『全経連』国際協力室長は「最近コロナ19の世界大流行に国際金融市場が不安定になり、私たちの外国為替市場も一緒に変動性がひどくなり、輸入企業の隘路がひどい」とし、「追加の衝撃が来たときに備えて、追加の安全弁が必要である」と述べ、「日本など主要国との通貨スワップを二重三重締結し、外国為替市場の不安心理を最大限払拭させなければならない」と強調した。
(後略)

先にもご紹介しましたが、この『全経連』さんは、日本だけではなく「ハードカレンシーを持つ国と地域」とのスワップラインを結ぶことにご執心のようです。

(柏ケミカル@dcp)

韓国「輸入企業」の予想為替レート「1,266ウォン」!これでは全企業「赤字」です
2020年04月09日、韓国のあの『全国経済人連合会』から「為替レートの変動による輸入企業への影響」というプレスリリースが出ました。韓国の輸入企業に、 ①2020年の事業計画を策定した時に想定していたドルウォンレートはいくらか ②「...
韓国経済「四月危機」ついに国策銀行からぼやき「ウチが不良になるかも」「誰も責任を取らない」
先の記事などで韓国の銀行が四苦八苦している様(さま)をご紹介してきましたが、ついに銀行自身からのぼやきが報道されるに至りました。 『朝鮮日報』2020年04月10日の記事から以下に引用します。 (前略) 国策銀行である産業...
韓国のゾンビ企業も「もう限界」。実は上場企業の1/5は利子も返せない
韓国経済にささやかれていた「四月危機」の実体が徐々に明らかになりつつあります。ここにきて韓国メディアでは「ゾンビ企業」「限界企業」という言葉が登場するようになりました。 本当は死んでいるのにまだ動いている死体、ゾンビにたとえているので...
タイトルとURLをコピーしました