おススメ記事
広告

「日韓通貨スワップ」を韓国紙がまた蒸し返す!今度は「コロナ診断キット」を提供するから締結しろ

広告

2020年04月28日、韓国メディア『韓国経済』にまたぞろ「日韓通貨スワップ協定」について「結ぶべき」などという記事が出ました。「社説記事」です。以下に引用します。

コロナウイルスの拡散を防ぎ、世界的な経済危機に対処するために、今、韓国と日本が相互協力の方法を用意しなければならないという提言が両国であふれている

一日200人前後の新規感染者が発生し、コロナ19拡散を抑えられない日本の状況が切羽詰まっているからだ。韓国の診断キットを支援してもらうという話が出ているが、安倍政府はなぜ消極的かという批判が日本国内で出てくるほどだ。

(中略)

対外依存度が高い韓国では輸出の崖っぷちに流動性危機で企業の困難は大きくなっている。韓日通貨スワップを再開し、外貨準備に二重、三重の安全弁を設けろという指摘も多い

⇒参照・引用元:『韓国経済』「韓国・日本、協力システムの復元が必要な理由」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

記事の文脈では、韓国が新型コロナウイルスの診断キットを提供するから「通貨スワップ協定」を締結しろ、みたいな話になっています。

日本には、韓国製の診断キットなんか必要ないし、韓国と通貨スワップ協定を結んでもなんらメリットがないということが理解できないようです。

なぜか韓国の人には「日本は韓国のコロナ診断キットが欲しくて仕方がない」と思われているようです。なぜ、そんなバカな誤解をするのでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
【韓国の資金難】文大統領の40兆ウォン「基幹産業を守る基金」は無理!お金が集まらないでしょう
「四月危機」で、多くの韓国企業が資金難に瀕しています。この危機に対処するため、2020年04月23日、文在寅大統領は「強力な意志を持って基幹産業を必ず守ります」と発言。 「40兆ウォン規模」の基幹産業支援を行うことを決めました。これが...
【必死の現金確保】で韓国企業が銀行融資に殺到!03月だけで「18兆ウォン」の借金増
新型コロナウイルス騒動で経済状況が急速に悪化し、韓国の各企業は「現金確保!」を至上命題として動いています。 企業が現金を確保する方法としては「売上」を上昇させ、利益を増やすのが一番いいわけです(現金商売であればなお良い)が、新型コロナ...
【売上壊滅状態】韓国の非製造業「03月の結果」!旅行業99%減・ホテル業85%減
韓国の「四月危機」について、これまでは主に製造業の資金難を取り上げてご紹介してきました。ここにきて他業種の03月末までのデータがまとまったようで、韓国メディアでも取り上げられるようになっています。 2020年04月27日、『大韓商工会...
政府支援20兆ではムリ!【CP償還できない危機】で韓国企業に「連鎖倒産」が起こる可能性「まだアリ」
韓国経済を「四月危機」が襲っていますが、何度もご紹介しているとおりこれは「流動性の危機」です。「流動性」なんて言葉を使うと途端に難しくなりますが、要は「お金が回らなくなりそうでヤバい」ってことです。 A君にお金を貸したのに期限になって...
タイトルとURLをコピーしました