おススメ記事
広告

【財政55兆の大赤字!】韓国の税収「8.5兆ウォン」の大幅減!極めてダメっぽい

広告

新型コロナウイルス騒動で韓国借金財政に陥っていることはご紹介してきたとおりですが、これに税収の落ち込みが重なり、かなり大変な事態となっています。

韓国の「企画財政部」が2020年05月08日に公表した「月刊金融動向05月号」によると、2019年同期と比べて収入の落ち込みは以下のようになります。

2019年第1四半期2020年第1四半期増減
国税収入78.0兆ウォン69.5兆ウォン▲8.5兆ウォン
税外収入7.2兆ウォン8.6兆ウォン1.4兆ウォン
基金の収入35.8兆ウォン41.4兆ウォン5.6兆ウォン
歳入歳出外0.0兆ウォン0.0兆ウォン▲0.0兆ウォン
総収入121.0兆ウォン119.5兆ウォン▲1.5兆ウォン

▲はマイナスの意味(以下同)

国税収入が「8.5兆ウォン」も減っていますが、国税収入の内訳を見ると以下のようになります。

収入前年同期比の増減
所得税22.2兆ウォン1.6兆ウォン
法人税15.4兆ウォン▲6.8兆ウォン
付加価値税(消費税)14.9兆ウォン▲1.2兆ウォン
交通税3.8兆ウォン0.3兆ウォン
関税1.7兆ウォン▲0.3兆ウォン
その他9.9兆ウォン▲1.8兆ウォン
特別会計1.6兆ウォン▲0.3兆ウォン
小計69.5兆ウォン▲8.5兆ウォン

上掲のとおり「法人税」の落ち込みが大きく、これは韓国企業が陥っている危機的状況を如実に示しています。もっとも、韓国政府が法人税の納付を1-2カ月猶予するという政策を打ち出していることの影響が含まれています。そのため、第2四半期の結果も併せて見る必要あります。

このように総収入が減少しているのですが、逆に総支出は大幅に増加しており、その分韓国政府の財政収支は大赤字となっています。

2020年第1四半期の韓国政府の財政収支は以下のようになります。

総収入119兆5,000億ウォン
総支出164兆8,000億ウォン
社会保障関連基金の支出10兆ウォン
管理財政収支▲55兆3,000億ウォン

というわけで「55兆3,000億ウォン」もの赤字です。

予算と税収の乖離(かいり)は、第2四半期(04-06月)にはさらに大きくなるものと予想され、財政赤字はより深刻になると考えられます。

かなりアカンっぽくなってきました。

⇒データ引用元:『韓国企画財政部』「月刊金融動向05月号」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(柏ケミカル@dcp)

広告
BIS(国際決済銀行)は警告する!「韓国は借金の増加が速すぎる」またドボンの道を進んでいる
韓国経済が危機的状況に陥っています。これを救うため韓国政府がやたらにお金をバラまく政策を行っているため、韓国メディアではこれを危惧する報道が出ています。 2020年05月17日には『毎日経済』に、昨年ラスボス「BIS」(Bank fo...
「ダメだ感」さらに強まる!韓国『双竜自動車』の決算書に監査法人が「意見表明」を拒否!
先に『双竜自動車』の2020年第1四半期の決算をご紹介し、いよいよ「おしまい感」が出てきたことをご紹介しましたが、2020年05月17日さらにダメな感じになっている件が韓国メディアで報道され、衝撃を与えています。 決算書を担当した監査...
【韓国軍のポンコツ具合】北朝鮮に「30分間」応射せず。理由は「機関銃が故障しちゃった!」
お金が絡まないのでMoney1で取り上げるのはヘンなのですが、面白い興味深い話ですし、あまり日本のメディアでは見掛けないのでご紹介します。 2020年05月03日、北朝鮮と南朝鮮の間、DMZ(DeMilitarized Zoneの略:...
【1.5兆ウォンの赤字】韓国・航空会社の決算は「総崩れ」
先に『大韓航空』が2020年第1四半期に大きな損失を出したことをご紹介しましたが、文在寅大統領が「韓国の基幹産業」とする航空業界は「総崩れ」の模様です。 韓国のフラッグ・キャリアである『大韓航空』、業界2位の『アシアナ航空』、LCC(...
タイトルとURLをコピーしました