おススメ記事
広告

【また借金増】韓国の国策銀行が「造船業」に5.2兆突っ込む!

広告

またまた韓国の借金増の話ですが、今回は韓国政府の借金ではありません。流動性の危機(要は「お金が回らない」ってことです)にある造船業界に韓国の国策銀行が支援するという話ですので、企業の借金増です。

2020年05月27日『亜州経済』によれば、韓国の国策銀行である『輸出入銀行』は、造船産業に「5.2兆ウォン」を突っ込むことを決めたとのこと。

記事より一部引用します。

輸出入銀行が新型コロナの拡大で苦しんでいる造船産業のため、5兆2000億ウォンを支援する。

輸出入銀行のパン・ムンギュ頭取は26日、蔚山(ウルサン)造船業界の現場を訪れ、このような支援意思を明らかにした。

(中略)

これに対しパン頭取は「輸出入銀行は新型コロナによる危機克服のため、今年、造船会社に対する資金供給計画を当初の3兆8000億ウォンから1兆4000億ウォン増やした5兆2000億ウォンに増額した」とし「新型コロナ以後、韓国造船業がグローバル市場の地位をさらに強固なものになるよう、輸出入銀行もすべての力量を動員して造船業界の危機克服に力を合わせる」と述べた。

⇒参照・引用元:『亜州経済』「輸出入銀行、造船産業に5.2兆ウォン供給へ 」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

『輸出入銀行』がお金をくれるわけではないので、この5.2兆は要返済の融資です。

韓国の造船業は例によって中国企業の猛追にあっており、価格のたたき合いで利益の薄い商売となっています。ダンピング合戦ですと、親方共産党の中国企業に勝てるわけはないので、韓国機企業も技術勝負で利益率を上げていかないといけません。

しかし、その方面は海洋国家「日本」に優位性があるのです。

それでも「韓国の基幹産業」と称しているわけですからお金を突っ込まざるを得ず、面倒くさいことになっております。

(吉田ハンチング@dcp)

海洋国と大陸国の激突は必然 海洋国の「勝利」も必然
御大の「エアパワーとしての空母」より長いですが引用します。 <<引用ここから>> (前略) 大ざっぱにくくるならば歴史は大陸国と海洋国の闘争で造り上げられている。考えてみればこれは当然、いや、必然といってもいい。 産...
広告
【通貨防衛のドル枯渇か】中国「人民元」の切り下げ。これ以上ドルを溶かせない
2020年05月25日、中国人民銀行は人民元の対ドルレートの基準値を「1ドル=7.1209元」に設定しました。 これは2008年02月以来最も安いレートで、中国通貨当局による「元安」の容認です。なぜこんなことになったのでしょうか。 ...
【通貨スワップ】やっぱり『韓国銀行』が最もドルを借りている!
先にご紹介したとおり、FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)は毎週金曜日、ドル流動性スワップ※1の利用状況についてデータを公表しています。 05月22日(金)の公表データは、韓国については「前週ママ...
韓国の「日本への灯油輸出を禁止してやる」というバカすぎる話。効果がない理由は
韓国で「日本の輸出規制(輸出管理強化)が05月末までに解除されなければ、なんらかのアクションを起こすべき」といった動きがあるそうです。 またぞろ「GSOMIA(General Security of Military Informat...
【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!
2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。 韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家か...
タイトルとURLをコピーしました