おススメ記事
広告

「ADR」とはナニか 自国通貨で外国株に投資するための証券

広告

株式に投資しようと考えていると「ADR」という言葉を目にします。このADRとは何かご存じでしょうか?

ADRとは「American Depositary Receipt」の略で「米国預託証券」と訳されます。Americanとあるとおり、もともと「アメリカの投資家が外国企業の株式に自国通貨(米ドル)で投資できる」ように作られた仕組みです。

外国企業の株式を預託機関(信託銀行など)が預かり、これを担保にして「ADR」を発行します。これを市場に上場して売買できるようにするのです。

ADRは通常の株式と同様に市場で取引されますが、その企業が発行した株式そのものではなく、株式を担保に預託機関が発行した「証券」であるというわけです。

(柏ケミカル@dcp)

タイトルとURLをコピーしました