おススメ記事
広告

韓国の気象誤報が「韓国型数値モデル」を入れて余計悪くなった。780億もかけたのに

広告

韓国気象予報がよく外れることは、しばしば韓国ウォッチャーの話題になります。日本でも指摘されるためなのか、韓国メディアでも「気象誤報」について取り上げる記事をよく見るようになりました。

韓国気象庁が780億ウォンをかけた「韓国型数値予報モデル」(KIM)が04月に導入されたが、その精度はむしろ下がった

という傑作な記事が、2020年09月18日、韓国メディア『毎日経済』に出ました。

以下に一部を引用します。

今年梅雨の集中豪雨予報をよく間違い、俎上に上った気象庁の降水予報精度が、実際昨年に比べ大幅に低下したことが分かった。

特に、気象庁が税金780億ウォンをかけて用意した韓国型数値予報モデル(KIM)が4月に初めて導入されたが、7~8月の期間に精度が他の月に比べて低い問題は解決されず、実効性に疑問が提起されている。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「`800억 시스템` 도입한 기상청, 비 예보 더 못맞추네」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

「降雨の有無について予測精度」がどのように変化したかを調べており、以下のようになっています。

2019年2020年
06月91.1%90.1%
07月85.9%78.2%
08月89.1%79.5%

6-8月は降雨量が多いので、予報が当たらないと困るのですが、明らかに昨年、2019年の方が精度が上です(笑)。

04月にお金をかけて導入した「韓国型なんとか」はどうしたんだと指摘されています。

同記事では韓国気象庁のコメントを取っていますが、「今年は韓国周囲の空気の流れが平年とは異なっており、集中豪雨が表示される地域が狭い帯状に現れ、降水量の差が大きかった」とのこと。

これからデータを積み重ねていけば予想精度は向上するものなのでしょうか。韓国型システムにご期待ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました