おススメ記事
広告

【韓国がっかり】『ファーウェイ』ダウンでも『サムスン電子』のシェア下がる!

広告

2020年09月15日、アメリカ合衆国の『ファーウェイ』(Huawei:華為技術)に対する制裁措置が発動しました。

合衆国の「中国に半導体を渡すな」戦術によって『ファーウェイ』は高性能の半導体を入手できなくなり、かき集めた半導体の在庫がなくなり次第、ハイエンドなスマートフォンの生産は不可能になります。

この『ファーウェイ』の(やがてくるであろう)墜落は、他社にとってはチャンスです。

特に韓国では『サムスン電子』の世界的躍進につながるのではないかと期待されています。

ところが、残念な結果がまず「半導体」の分野で出ました。

2020年第2四半期、スマホに搭載される「AP」(Application Processorの略:アプリケーション・プロセッサー)において『サムスン電子』の世界シェアは落ちたのです。

調査会社『Counter Point Research』のリポートから以下に引用します(表組は横にスクロールできます)。

2020年第2四半期のAP世界シェア

第1四半期シェア第2四半期シェアランク
クアルコム(Qualcomm)33%29%1位(-)
メディアテック(MediaTek)24%26%2位(-)
ハイシリコン(HiSilicon)12%16%3位(1ランクUP)
アップル(Apple)11%13%4位(1ランクUP)
サムスン電子(SAMSUNG)16%13%4位(1ランクDOWN
ユニソク(Unisoc)5%4%6位(-)

⇒データ出典:『Counter Point Research』「クアルコム、2020年第2四半期にHiSiliconにシェアを奪われたにもかかわらず市場をリード」(原文・英語/筆者(バカ)意訳)

上掲のとおり、『サムスン電子』のシェアは「3%減少」し、ランクも「第4位」に下落しました。

ちなみに『クアルコム』『アップル』は合衆国企業、『メディアテック』は台湾企業、『ハイシリコン』『ユニソク』は中国企業です。

残念ながら、韓国の思惑は外れた結果となっています。

第3四半期にどうなるか注目ですが、また結果が出たらMoney1でもご紹介するようにいたします。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました