おススメ記事
広告

【すかっと爽快】EUのロワゾー女史が「不満を言う中国大使」をやり込める!

広告

2020年09月21日、欧州議会外務委員会はビデオ討論会を開催しました。

その席上、参加した張明中国大使が、

「中国は、新型コロナウイルの流行についてフェイクニュースの被害者であり、常にフェイクニュースの流布に反対してきた」

といつもの被害者面で恨み言を述べたのですが、欧州議会安全保障・防衛小委員会のナタリー・ロワゾー委員長(マクロン政権下で欧州問題担当大臣を務めた経験がある)が逆襲してやり込めました。

ロワゾー委員長は、

「フェイク情報や攻撃的なプロパガンダが互恵的なパートナーシップを求める国同士の間に存在してはならない」というコンセンサスがあったことを、まず喜んでいます。

と初撃を与えました。

さらに、

中国の最近の外交プロパガンダは誇張されています。

外交とはなんの関係もない、その上事実でもないことを述べています。

例えば、在仏中国大使館は虚偽の情報を繰り返し述べ立てました

フランスの老人ホームの職員が仕事を放棄し、高齢者を飢餓と病気で死なせたまま放置しており、ヨーロッパのコロナ流行に対する態度は無責任だ、などと言いました。

また、一部の欧米諸国の人々が民主主義や自由への信頼を失い、心理状態がもろくなっているとも述べました。

ここには民主的な制度を信じ、健全な心を持ったヨーロッパ人がいることを保証したいと思います。

と続けました。ロワゾー委員長の静かな怒りが伝わってくる言葉です。

彼女は最後に以下の言葉で締めくくりました。

ヨーロッパには「中国の敵」など存在しません。
尊敬されたいヨーロッパ人」がいるだけです。

これらのデマ過激なプロパガンダの試みを非難し、決して脅迫されることはありません

中国にはこれぐらいピシャリと言わないといけません。日本もぜひこの毅然とした態度を見習いたいところです。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました