おススメ記事
広告

【借金13兆円】中国『恒大(エバーグランデ)』投資家を説得して800億クリア(笑)!

広告

宇宙一の不動産会社」として知られる中国の『エバーグランデ』(Evergrande Group:恒大集団)ですが、同社には「8,355億元」(日本円でざっくり「13兆円」)という気の遠くなるような債務(返済しなければならない借金)があります。

宇宙一の不動産会社」は台湾メディアでよく見る「恒大集団(エバーグランデ)」によく付く冠言葉です。

債務規模も巨大ですが、焦眉の急として2021年01月に満期となる債務が「1,300億元」(約2兆円)あって、これを「どうすんだ」と外野からも注視されていました。

実はこのうち800億元については、2020年09月29日、広東省の肝いりで30人の投資家に対して、

償還する権利を放棄して、債権を株式に転換する

ことを合意させました。

恐らく、「償還不可で『エバーグランデ』にデフォルト騒動が起こると金融市場に激震が走る。デフォルトで何も回収できないよりはいいだろう」とかなんとか言いくるめたに違いありません。

広東省は、『エバーグランデ』で財政が持っているようなものですから、飛ばないためならもうなんでも手伝うよ、といったところでしょう。

しかし、『エバーグランデ』の金策はこれで大丈夫になったわけではありません。

なにせ香港で「利率11%」という社債だって発行しているのです。これなどまさに「利子すら払えないんじゃないの」と思わされる債務です。

大きすぎて潰せない、という様相になってきましたが、『エバーグランデ』が債務でグラグラしていることに変わりはありません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました