おススメ記事
広告

米下院に「中国共産党を国際犯罪組織とする法案」提出

広告

2020年10月01日、スコット・ペリーScott Perry)下院議員は「中国共産党国際犯罪組織のリストに加え合衆国の法執行機関に取り締まらせるようにする法案」を議会に提出しました。

スコット・ペリー議員の公式サイトからこの法案について以下に引用します。

Today, U.S. Representative Scott Perry (PA-10) introduced legislation to add the Chinese Communist Party (CCP) to the Top International Criminal Organizations Target (TICOT) List and provide the United States law enforcement agencies a strategic directive to target the CCP’s malign activity.

本日、アメリカ合衆国下院議員スコット・ペリー(PA-10)は、中国共産党(CCP)を国際犯罪組織のトップターゲット(TICOT)リストに追加し、米国の法執行機関に「CCPの有害な活動を標的とする戦略的指令」を出すための法案を提出しました。

The TICOT List is an intragovernmental effort to identify and eliminate the international criminal organizations that pose the gravest threat to U.S. national interests. The CCP’s coordinated and government-directed theft of American intellectual property, cyber-attacks on U.S. systems, espionage, and international fentanyl trafficking, are amongst the top reasons the CCP qualifies to be on the TICOT List.

TICOTリストは、合衆国の国益に最も大きな脅威をもたらす国際犯罪組織を特定し、排除するための政府間の取り組みです。

中国共産党の組織的・政府主導による合衆国の知的財産の窃盗、合衆国システムへのサイバー攻撃、スパイ活動、フェンタニルの国際的な密売などは、中国共産党がTICOTリストに登録される資格がある最大の理由です。

“The thugocracy that is the Chinese Communist Party must be held accountable for its international crimes and face the full force of the U.S. law enforcement agencies,” said Congressman Scott Perry. “The CCP is an existential threat to American freedoms and liberties, and the United States must deploy an all-of-government approach to combat its malign behavior. For decades, the aggressive, illegal behavior of the CCP has cost Americans millions of jobs, billions of dollars in intellectual property value, and the independence of our academic institutions.”

スコット・ペリー下院議員は、「中国共産党という凶悪犯は、その国際的な犯罪の責任を問われ、合衆国の法執行機関の全面的な力に直面しなければならない。

中国共産党は、アメリカの自由と自由に対する脅威であり、アメリカはその悪質な行動に対抗するために、政府全体のアプローチを展開しなければならない。

何十年もの間、中国共産党の攻撃的で違法な行動は、アメリカ人の何百万もの雇用、知的財産権の価値数十億ドル、学術機関の独立性を犠牲にしてきました」と述べた。

⇒参照・引用元:『下院議員スコット・ペリー』公式サイト「PRESS RELEASES Perry Introduces Bill to Protect Americans from Chinese Criminal Activity」

残念ながら、まだ「congress.gov」にも内容のテキストが公開されておらず、詳細は不明なのですが判明したらMoney1でもご紹介するようにいたします。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました