おススメ記事
広告

米陸軍の「極超音速ミサイル」が射程2,775km以上と判明!グアムから撃って台湾に届く

広告

驚くべきデータが公表されました。2021年05月12日、『Breaking Defense』はアメリカ合衆国陸軍に取材し、陸軍報道官から

“The Long Range Hypersonic Weapon provides a capability at a distance greater than 2,775 km”

長距離極超音速兵器は2,775km以上の距離で能力を発揮する

という発言を引き出しました。 以下をご覧ください。


↑PHOTO(C)GoogleMap

2,775kmといえば、ちょうどグアムから台湾までの距離と重なります。「at a distance greater than 2,775 km2,775km以上というのがポイントで、要はグアムからでも台湾を狙うことが可能だと、中国自民解放軍を牽制しているのです。

⇒参照・引用元:『Breaking Defense』「Army Discloses Hypersonic LRHW Range Of 1,725 Miles; Watch Out China」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました