おススメ記事
広告

中国『ファーウェイ』のスマホシェアは4%まで下落する

広告

2020年11月24日、調査会社『トレンドフォース』がスマホ市場の予測データを公表。

2020年09月15日にアメリカ合衆国が制裁を発動した『ファーウェイ』(Huawei:華為技術)は、2021年には世界シェアがわずか「4%」まで下落する、としています。

『ファーウェイ』は自社が持っていた『Honorオナー)』ブランドも2020年11月17日に売却し、切り離しました。

新しい『オナー』も含めて、『トレンドフォース』では中国スマホメーカーのシェア推移を以下のように予測しています。

2019年2020年(End)2021年1Q
Huawei(ファーウェイ)17%14%4%
Xiaomi(シャオミ)9%12%14%
Oppo(オッポ)10%12%14%
Vivo(ビボ)8%9%11%
New Honor(オナー)2%

⇒参照・引用元:『TrendForce』公式サイト「New Honor Expected to Capture 2% Smartphone Market Share in 2021 Due to Limited Foundry Capacity, Says TrendForce」

上掲のとおり、『ファーウェイ』のシェアは2020年の終わりには「14%」、2021年第1四半期には「4%」まで下落するという予測です。しかし、他の中国ブランドが『ファーウェイ』の抜けた部分を埋めると見ています。

さて、韓国の『サムスン電子』はシェアを拡大することができるでしょうか。この点にもぜひご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました