おススメ記事
広告

韓国「WTO紛争で日本に敗北」を「判定負け」と表現

広告

2020年11月30日、WTO(World Trade Organizationの略:世界貿易機関)は、

韓国による日本製ステンレス棒鋼に対する「アンチ・ダンピング課税」延長

が「WTO協定違反」と判断を下しました。韓国の主張が退けられ、日本の主張が通りました。

「アンチ・ダンピング課税」とは?

アンチ・ダンピング課税」というのは、ある製品が不当に安い価格で輸出されており、国内の製品が売れないなどの被害がある場合には、その製品と国内製品との差額分を関税として課すことをいいます。

韓国は、日本製ステンレス棒鋼を不当に安く価格設定されていると断じ、韓国製の同製品を保護するために、日本製品に関税を課してきました。2004年07月30日からずっとです。

「アンチ・ダンピング課税」は2回延長され、2016~2017年に行われた調査の結果、さらに3年間の課税延長を決定したのですが、日本側はWTOに提訴。

韓国の主張は極めて恣意的な調査結果に基づいたものであり、その決定過程にも瑕疵(かし)があることを指摘しました。

WTOは、

韓国による本アンチ・ダンピング課税延長措置は、損害再発の可能性があるとする認定や手続の透明性に問題があり、アンチ・ダンピング協定に整合しないと判断し、韓国に対し措置の是正を勧告

したのです。

⇒参照・引用元:『日本国 経済産業省』「韓国による日本製ステンレス棒鋼に対するアンチ・ダンピング課税延長措置がWTO協定違反と判断されました」

韓国メディアの反応は「判定負け」

韓国メディアでも、この「日本に敗訴」の件は大きく報じられています。例えば、『ソウル経済』の記事タイトルは以下です。

日本とWTOの紛争で判定負け…「釈然としない判決

また、韓国政府は上訴を考えているそうです。ただし、WTOの上級審は皆さんもご存じのとおり機能しておりません。さて、どうなるでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました