おススメ記事
広告

韓国「輸出産業」の一角「精油企業」4兆ウォンの大損! 3カ月で昨年の利益すべて吹き飛ぶ!

広告

日本ではあまり知られていないことですが、韓国は石油製品の輸出が盛んな国で、精油産業は大きな存在感を有しています。

しかし、新型コロナウイルス騒動と原油の急落もあって、業績は急速に悪化しているのです。ついに、韓国の精油大手4社の2020年第1四半期(1Q:First Quarter(最初の1/4のこと)01-03月)の決算が公表されたのですが、まさに最悪の結果となりました。

営業利益は全て赤字で、しかも以下のとおり巨額です。

『SKイノベーション』▲1兆7,752億ウォン
『S-Oil(エスオイル)』 ▲1兆73億ウォン
『現代Oilbank(オイルバンク)』 ▲5,632億ウォン
『GS Caltex(カルテックス)』 ▲1兆318億ウォン

小計:4兆3,775億ウォン(約3,849億円)の赤字

この4社の2019年の営業利益の合計は3兆1,000億ウォン約2,725億円)なので、1年の1/4、第1四半期の業績だけで昨年の営業利益全て吹き飛ばし、なお1兆ウォン超の損失が積み上がったのです。

韓国の精油会社がハマっている状況

なぜこんなことになるのかというと、石油精製企業の状況が以下のようなものだからです。

精油企業は、原油を輸入し、これを精製して各種石油製品を造り、販売します。

石油製品の原価には「原油の価格」「輸送コスト」「精製コスト」などが販売価格に反映されているわけです。しかし、ガソリンや経由といった石油製品の価格が下落すると、コストを賄いきれず、売ると赤字という事態が発生します。これが逆マージン逆ざや)です。

新型コロナウイルス騒動によって、飛行機が飛ばなくなる、自動車の利用が少なくなるなど、石油製品の需要が減少。そのため在庫関連損失が膨らんだというわけです。

その上、逆マージンでラインを動かせば損をする。韓国の精油業界は、このようは状況にはまりこんでいるのです。

しかも、これは第1四半期だけの結果で、04月も同様に悪く、05月も特に状況は好転していません。現在のところ、第二四半期の決算も良いとは考えにくいのです。

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国の「国の借金」が「1,100兆」!「国債発行」急増で他人様のことは言えない借金まみれ
先の記事でもご紹介しましたが、どうも韓国の人は日本政府の財政状況をあげつらう傾向にあります。いわく「歳入の4割を国債で補っている赤字の国である」と。 上の記事で引いた『ソウルファイナンス』のコラムでは、ソン主筆がまさにそのよう...
「韓国売り」04月も止まらず!外国人投資家「5.3兆ウォン」を売る
Money1では連日「韓国株式市場」(KOSPI(韓国総合株価指数))の動向をご紹介していますが、外国人投資家の売買動向は韓国株式市場に大きな影響を与えます。 外国人投資家は、ここのところ「売り越し」ばかりが目立ちます。つまり株式を買...
韓国「05月」の輸出「半減」!「韓国通貨危機」時よりマズイ状況です
韓国の関税庁の輸出入動向によれば、05月01-10日の輸出額は69億ドル。前年同期は128億8,100ドルだったので、なんと59億6,000万ドル減少(46.3%減)となりました。ほぼ半減です。 韓国は輸出一本で持っている国なので極め...
韓国は「低福祉・低負担」の国。老齢年金の給付は月額平均「○万円」しかない
韓国の人の多くは国が用意した公的年金制度「国民年金」だけでは、安心して老後の暮らしを立てることができません。それは老齢年金の給付額が少ないからです。 今回は韓国の「国民年金」についてご紹介します。 韓国の年金制度は1999年にや...
タイトルとURLをコピーしました