おススメ記事
広告

韓国は来年上半期に「333兆」突っ込む予定!どこまで効くか?

広告

韓国政府は2021年度の予算を審議を経て「約558兆ウォン」に膨らませました。2021年度の総支出は「459兆1,000億ウォン」です。これは「558兆ウォン」から健康保険、雇用保険など社会的セーフティーネットの支出分を除いた金額です。

で、「459兆1,000億ウォン」のうち「333兆ウォン」(72.5%)が上半期に投入される予定です。もちろん景気対策のためです。比率だけで見ると、2020年も「71.4%」が上半期に投入されました。また欧州債務危機で韓国も景気後退が深刻だった2013年には71.6%が上半期に投入されたとのこと。

財政乗数を計算している『韓国銀行』では、効き目がどの程度あるのかについてある程度の目算をしているでしょう。目論見どおりうまくいくかは……神のみぞ知るです。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「来年景気回復急政府、上半期333兆注ぐ」

『韓国銀行』の財政乗数というコアな話。「災害支援金」は1兆⇒2千億の効果しかない!
好事家の皆さんは必見です。2020年11月24日韓国メディア『ソウル経済』の記事に非常に興味深いポイントがありましたのでご紹介します。韓国政府の財政政策が経済にどのくらいの効果をもたらすのかについて、『韓国銀行』の報告書を引いて紹介している...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました