おススメ記事
広告

韓国「2020年の財政は黒字でした」はウソです

広告

韓国の企画財政部が2020年の政府財政は黒字でしたと発表したのですが、そこにはからくりが……という話です。

上掲が企画財政部が公表した「2020会計年度総歳入・総歳出の結果」で、以下のようになっています。

赤枠で囲んだのが2020年の韓国政府の歳入・歳出の結果です。歳入は収入で歳出は支出です。

2020年
総収入:460.0兆ウォン
総支出:453.8兆ウォン
収支の結果:11.7兆ウォンの黒字
繰り越し:2.3兆ウォン
当期の収支:9.4兆ウォンの黒字

えっ黒字なの?」と思われるでしょう。先に2020年は110兆ウォンの赤字と推定されるとご紹介しましたが、「あれはなんだったんだ」と思われるかもしれません。ご安心ください。

実は、この歳入の中には赤字国債を発行して調達した102.8兆ウォンが入っているのです。

本件を報じた『朝鮮日報』には的を射た表現があります。

(前略)
明知大経済学部のウ・ソクチン教授は「家計で言えば、担保ローンで借りた資金が通帳に残っているから黒字だと表現したものだ」と説明した。

⇒参照・引用元:『朝鮮日報(日本語版)』「昨年は9兆ウォンの黒字とのことですが…歳入に赤字国債103兆ウォン計上」

収入を国税収入などだけで計算すれば2020年は110兆ウォンの赤字で締まる予定です。ですから、2020年は黒字でした、はウソです。

ちなみに韓国の赤字国債発行額は以下のようになっています。

2020年には2019年の3倍も赤字国債を発行しなければなりませんでした。2021年度も2020年度と同程度の発行が見込まれています。

⇒参照・引用元:『韓国 企画財政部』公式サイト「2020会計年度総歳入・総歳出の結果」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました