おススメ記事
広告

韓国『産業銀行』が「5千億」投入完了!『大韓航空』『アシアナ航空』合併前進!

広告

2020年12月02日、韓国の国策銀行『産業銀行』が『大韓航空』と『アシアナ航空』のM&Aを推進するために、『韓進KAL』の有償増資に応じ、最初の「5,000億ウォン」の投入を完了しました。

本件を報じた韓国メディア『ソウル経済』の記事によれば以下です。

『韓進KAL』は、『産業銀行』からの投資資金を受けて行われる5,000億ウォン規模の有償増資額が100%完了した、と2日発表した。

今回の有償増資で発行された普通株式は706万2,146株であり、今月22日に上場する予定だ。この新株が1年間保護される。

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「[公示]産業銀行、韓進ナイフの5,000億納入完了」

先にご紹介したとおり、今回のM&Aは以下のような資金スキームになっています。

①国策銀行『産業銀行』は、『大韓航空』の親会社である『韓進KAL』の有償増資に5,000億ウォン入れ、3,000億ウォンのEB(Exchangeable Bond:他社株転換可能債)の買収を行う

②『韓進KAL』はこの8,000億ウォンも利用して、『大韓航空』が実施する2兆5,000億ウォンの有償増資に参加(『大韓航空』への支配権が弱まらないようにするため)

③『大韓航空』は入手した資金で『アシアナ航空』の株式を取得し、最大株主となる。1兆8,000億ウォン投入予定

①の「5,000億ウォン」の投入が終わりました。「EB」はまだですが、とりあえず前進です。『韓進KAL』は『大韓航空』の有償増資に備えて資金を調達しなければなりません。

お手並みを拝見いたしましょう。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました