おススメ記事
広告

韓国企業同士のどつき合いにジョージア州が参戦! 面白くなってきました

広告

アメリカ合衆国『国際貿易委員会』(略称:ITC)が下した判断に対して、意外なところから異論が出ました。

先にご紹介したとおり、韓国『LGエネルギーソリューション』は韓国『SKイノベーション』を営業秘密を盗んで製品を作り利益を上げた件で提訴し、勝利しました。

その結果、『SKイノベーション』は「バッテリーセル・モジュール・パック、関連部品・素材を10年間、合衆国に輸入禁止」となりました。

この判決は60日間の大統領審議期間に入りました。この期間に大統領が拒否権を発動しなければ判決どおり確定――だったのです。

なんと、ジョージア州知事が「バイデン大統領に『ITC』の判決を拒否するように要請」しました。

『REUTERS(ロイター)』の報道によると、ジョージア州ブライアン・ケンプ知事は、

「11日の判決は、南部州に建設中の電気自動車のバッテリーメーカーの工場に被害を与えるだろう」

と述べて、拒否権を行使するように要求したのです。バイデン大統領が本当に拒否権を行使すれば、『ITC』の判決を無効にできます

さあ、どうなりますか。面白くなって参りました。皆さまもぜひご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました